Close

ページの先頭です。

平成30年7月豪雨 被災地の皆様に心よりお見舞い申し上げます

HOME > 平成30年7月豪雨 被災地の皆様に心よりお見舞い申し上げます

平成30年7月豪雨 被災地の皆様に心よりお見舞い申し上げます

6月末から7月中旬にかけて西日本を中心に全国的に起きた集中豪雨は、河川の氾濫や洪水、土砂災害などにより多くの死者・負傷者を出す大災害となってしまいました。目下、ライフラインやインフラの復旧が急ピッチで進められていますが、これもまた記録的な酷暑のなか、家屋が壊れ、仕事ができず、水や食糧さえ不十分な状態で、被災地の皆様の心中はいかばかりかと心が痛みます。まずは衷心よりお見舞いを申し上げます。

日本作業療法士協会では、被災地の各県作業療法士会との連絡を通して被災状況の把握に努めておりますとともに、大規模災害リハビリテーション支援関連団体協議会(JRAT)と連携して被災地への支援を開始しており、現地のニーズを的確に捉えながら、リハビリテーション、作業療法の視点から、被災地に対する有効な支援の方策を模索し実行してまいる所存です。

今後、当協会の方針や具体的な対策などが決まりましたら、そのつどこのホームページや機関誌等を通してお知らせしてまいります。

2018年7月20日

一般社団法人 日本作業療法士協会

会 長  中 村 春 基

ページトップへ