Close

ページの先頭です。

その他

HOME > その他 > 【参加者募集】学校を理解して支援ができる作業療法士の育成研修会(実践編)プログラム試行

【参加者募集】学校を理解して支援ができる作業療法士の育成研修会(実践編)プログラム試行

制度対策部 障害保健福祉対策委員会

障害児支援班 教育領域支援推進チーム

 

 これまで協会では「学校を理解して支援ができる作業療法士の育成研修会」を協会の重点課題研修として2014年度から3年間実施し、2017年度からは士会開催の後方支援を行ってきています。この研修会は特別支援教育領域に関わり始める作業療法士に、まずはじめに知っておきたい基本的知識を提供するもので「基礎編」という位置づけでプログラムを組んでいます。

 参加された方々から、実際に学校に関わるためにもう少し実践的な知識を得たいというご意見も聞かれたため、当委員会では、学校を理解して支援ができる作業療法士の育成研修会の「実践編」を基礎編同様に各地で開催いただけるよう準備を進めています。

 昨年度に引き続き、「実践編」プログラム開発にあたり、下記の通り試行を予定しています。モニターとしてご参加いただける方を募集しますので、関心のある方はぜひご参加ください。


日 程:2019年12月14日(土)10:30~17:00、15日(日)9:30~16:00(予定)

 

場 所:大阪医療福祉専門学校(大阪市淀川区宮原1-2-14)

 

内 容:ビデオ教材を用いた講義,アセスメント演習,事例検討など

 

対 象:学校を理解して支援ができる作業療法士の育成研修会(基礎編)*受講済の方

 

定 員:40名 先着順

 

参加費:無料 ※受講者の方にはプログラム内容についての意見をいただきます

 

締 切:2019年11月29日(金)

 

申 込:下記より申込フォームにアクセスし必要事項を入力の上、送信してください

    申込フォームはこちら

 

★本事業は今後士会で研修会を開催いただくための「プログラム試行」であり、

 生涯教育ポイントの対象ではありません


*学校を理解して支援ができる作業療法士の育成研修会(基礎編)は、2014~2016年度協会主催(重点課題研修)、2017年度山形、2018年度佐賀、宮城、新潟、千葉、兵庫、静岡、2019年度福島、茨城、長野、鹿児島、愛知、山梨、熊本県士会主催のものです。

 

問 合 せ  ot_seido※jaot.or.jp ※を@に替えてください

ページトップへ

会員ポータルサイト

施設・養成校管理システム

会員証について

Search

カテゴリー

アーカイブ