Close

ページの先頭です。

協会について

HOME > 協会について > 倫理綱領・職業倫理指針

倫理綱領・職業倫理指針

日本作業療法士協会倫理綱領

  1. 作業療法士は、人々の健康を守るため、知識と良心を捧げる。
  2. 作業療法士は、知識と技術に関して、つねに最高の水準を保つ。
  3. 作業療法士は、個人の人権を尊重し、思想、信条、社会的地位等によって個人を差別することをしない。
  4. 作業療法士は、職務上知り得た個人の秘密を守る。
  5. 作業療法士は、必要な報告と記録の義務を守る。
  6. 作業療法士は、他の職種の人々を尊敬し、協力しあう。
  7. 作業療法士は、先人の功績を尊び、よき伝統を守る。
  8. 作業療法士は、後輩の育成と教育水準の高揚に努める。
  9. 作業療法士は、学術的研鑚及び人格の陶冶をめざして相互に律しあう。
  10. 作業療法士は、公共の福祉に寄与する。
  11. 作業療法士は、不当な報酬を求めない。
  12. 作業療法士は、法と人道にそむく行為をしない。

昭和61年6月12日
(第21回総会時承認)

職業倫理指針

ページトップへ