Close

ページの先頭です。

協会について

HOME > 協会について > 理事会・総会資料

理事会・総会資料

平成29年度 第8回定例理事会抄録

  • 日時: 平成29年11月18日(土)13:01~16:33
  • 場所: 一般社団法人日本作業療法士協会事務所 10階会議室
  • 出席: 中村(会長)、荻原、香山、山本(副会長)、
        宇田、大庭、苅山、座小田、陣内、藤井、宮口(常務理事)、
        池田、川本、酒井、佐藤、清水、髙島、谷、二神、村井(理事)、
        長尾、古川(監事)
  • 陪席: 岡本(財務担当)、宮井(事務長)

 

Ⅰ 報告事項

1.議事録(香山副会長) 書面報告。 

 1)平成29年度第1回臨時常務理事会議事録

 2)平成29年度第7回定例理事会議事録

 3) 平成29年度第4回定例常務理事会議事録

2平成29年度中間決算について(香山財務担当副会長、古川監事)
 11月18日午前中に中間決算の監査が行われ、監事より報告された。本法人の財産と理事の業務執行の状況について、6点の意見が付された。

3.平成30年度事業計画案と予算申請の取りまとめについて(香山財務担当副会長)
 収入に対して支出が1,367万円多い予算となっている。学術部、教育部、制度対策部からの申請額が配分額を超えているので、説明を聴取した。
 髙島理事:学術部は、会議を減らすなどしてかなり削った。あとは三役とのヒアリングで優先順位を決めていただき、事業を減らすこともやむを得ない。陣内常務理事:会議を減らして旅費、交通費を縮減し、e-Learningもカットした。ヒアリングや理事会で調整してほしい。研修会費は、協会の予算を使わずにゼロの予算で100近くの研修をやらなければいけない状況にある。二神理事:制度対策部はまだ最終調整ができていない。事務局に制度対策担当が配属されたことが大きな削減ポイントになった。香山財務担当副会長:各部のでこぼこは各部で相殺していただく。12月に三役会でヒアリングをさせていただきたい。

4平成30年度以降の教育部所管研修会のあり方(答申)(大庭常務理事・教育部長)
 会長からの諮問を受け、教育部所管研修会のあり方について答申を提出する。今後、ここに掲げる9つの「現状における課題」を視点にして研修会の改善を図っていきたい。

5京都サテライト事務所の設置の経緯と現況について(荻原事務局長)
 現状の京都サテライト事務所の状況報告

6会長及び業務執行理事の平成29年10月期活動報告 書面報告

7協会各部署の平成29年10月期活動報告 書面報告

8渉外活動報告 書面報告

9日本作業療法士連盟の動き 書面報告

10訪問リハビリテーション振興財団の動き 書面報告

11協会Webサイトのアクセスログ集計 書面報告

12.その他(荻原事務局長)
 11月17日に労働基準監督署の調査があり、法に抵触するような事態ではないが事務局職員の勤務を是正するようにとの口頭指摘があった。具体的には、まずは欠員を補充する形で対応したい。
 福島県で発生した倫理案件について、県士会と連絡をとって適宜対応していきたい。

 

 

 Ⅱ.審議事項

1.
事務局機能の強化・効率化の基本構想について(荻原事務局長)
 削減可能な部分の検討はどこでやるのかとの質問があり、役割分担の確認も含めて各部と事務局とのやりとりの中で検討することになった。常務理事会と理事会の同日開催などもあわせて検討する。 →承認

2第三次作業療法5ヵ年戦略(2018-2022年)について(荻原事務局長)
 予算の関係でできないものをどう精査するのかについては、最終的には12月のヒアリングで確認することになった。 →承認

3平成30年度重点活動項目について(荻原事務局長)
 前文の一部修正と平成29年度重点活動項目中、認知症への対応などについて達成内容を再確認し、継続項目とするかを検討する。 →承認

4.運転と作業療法特設委員会の継続要望について(宮口常務理事)
 2018年3月末で特設委員会としての2年の期限が切れるので、3年間延長してほしい。 →承認

5定義改定第四次草案の検討について(宮口常務理事)
 各方面へのヒアリングを経て第四次草案を作成した。今後の工程を検討してほしい。12月の理事会で最終決定し、総会までに議案を準備することになった。 →継続審議

6平成30年度作業療法推進モデル事業の推薦事業(選考結果)について(宇田常務理事・47都道府県委員長、川本理事)
 人材確保に関する取り組みでは石川県士会、奈良県士会、組織強化を図る取り組みでは北海道士会、埼玉県士会の事業を選定したい。 →継続審議

7名誉会員候補者の推薦について(中村会長)
 名誉会員候補者4名が推薦された。本人の了解を得た上で再度提出する。 →承認
8.会員の入退会について(荻原事務局長) →承認
9.協会事務所(東京・京都)会議室の貸し出しについて(荻原事務局長)
 東京事務所・京都サテライト事務所の会議室を、協会理事が関係する団体かつ当該理事が出席する会議等に限定し、無料で貸し出したい。 →承認

10.その他
宮井事務長:
11月9日(木)、赤坂御苑での平成29年秋の園遊会に初代会長の鈴木明子氏が招待され、天皇・皇后をはじめ皇族方と直接言葉を交わした。機関誌12月号で詳報する。

以上

 

ページトップへ