Close

ページの先頭です。

協会について

HOME > 協会について > 理事会資料

理事会資料

2019年度 第3回定例理事会抄録

  • 日時: 2019年6月15日(土)13:00~16:10
  • 場所: 一般社団法人日本作業療法士協会事務所 10階会議室
  • 出席: 中村(会長)、香山、宮口、山本(副会長)、
        池田、岩佐、宇田、大庭、岡本、梶原、小林、酒井、佐藤、清水、
        関本、髙島、谷、谷川、藤井、三澤(一)、三沢(幸)、村井(理事)、
        太田、長尾(監事)
  • 陪席: 小鹿野、木田、長井(委員長)、陣内(前部長)、岩上(財務担当)、
        宮井(事務長)

 

Ⅰ 報告事項

 

1.議事録について

 1)2019年度第2回定例理事会(5月18日) 書面報告。

 2)2019年度定時社員総会(5月25日) 書面報告。

 3)2019年度第1回臨時理事会 書面報告。

 

2.2019年度定時社員総会の開催について(長井総会議事運営委員長)
 5月25日に開催された2019年度定時社員総会について報告があった。

 

3.社員総会後の質疑応答及び意見について 書面報告。

 

4.会員の入退会について 書面報告。

 

5.他職種・団体等の協会代表委員名簿(2018・2019年度版)(中村会長)
 代表委員に若干の変更があった。

 

6.2019年度4月期の収支状況について 書面報告。

 

7.平成30年度学協会アンケート単純集計結果(国立国会図書館) 書面報告。

 

8.作業療法教育課程における臨床実習共用試験について(大庭理事)
 全養成校を対象に、教育部で行った学内OSCEおよび学内CBTの実施に関する調査結果について報告があった。

 

9.生活行為向上リハビリテーションのパンフレット作成について 書面報告。

 

10.2019年度生活行為工夫情報モデル事業実施要綱(案)について 書面報告。

 

11.協会・士会宛に届いた文書について(中村会長)
 文書に直接対応はせず、協会としての姿勢を示す文書を都道府県士会等に向けて発信することとした。

 

12.協会Webサイトのアクセスログ(2019年5月) 書面報告。

 

13.会長及び業務執行理事の2019年5月期活動報告 書面報告。

 

14.協会各部署の2019年5月期活動報告 書面報告。

 

15.渉外活動報告 書面報告

 (村井理事)制度対策部として、精神障害にも対応した地域包括ケアシステムに寄与する作業療法のあり方検討委員会等について日本医師会と意見交換した。

 

16.日本作業療法士連盟活動報告 書面報告。

 

17.協会・連盟合同三役会議(2019年6月1日)議事要旨 書面報告。

 

18.訪問リハビリテーション振興財団の動き(谷理事)
 3事業所で療法士が不足している。関心がある療法士をぜひ紹介してほしい。

 

19.脳卒中・循環器病対策基本法推進のための超党派議員連絡協議会について(中村会長)
 政省令の中に3療法士の意見を入れるべく要望した。

 

20.2020年度予算案の審議スケジュールについて(岡本理事)
 スケジュールに沿って進行できるよう各部長・委員長の協力をお願いする。

 

21.『地域包括ケアシステム参画の手引き』について(佐藤理事)
 『地域包括ケアシステム参画の手引き』を各都道府県で使ってもらえるように発信していただきたい。

 

22.第53回日本作業療法学会優秀演題賞の推薦について(宮口副会長)
 今学会から優秀な演題を表彰することになり、候補者6名を推薦した。

 

23.その他

 (三澤理事) 「生活行為向上リハビリテーションのパンフレット」を作成することになったので、現場の作業療法士に活用してもらいたい。

 (香山副会長) 精神作業療法領域で、1998年から4年間の科研費による成果物を更新するため、関係者で協議していきたい。

 (村井理事) 社会保障審議会統計部会の生活機能分類ワーキンググループに、協会推薦の委員として参加する。

 

 

 Ⅱ.審議事項

1.
白書委員会の設置について(中村会長)
 作業療法白書の委員会を2019年から2021年12月末の予定で設置したい。 →承認

 

2.制度対策部内委員会(保険対策委員会)の組織改編について(三澤(一)理事)
 保険対策委員会の組織を再編し、医療保険対策委員会、介護保険対策委員会の2つに分けたい。 →承認

 

3.役員の人事について

1)会務運営体制(事務局長、部長、室長、担当理事等)

2)常務理事の選定

(中村会長) 2019‐2020年度役員を提案した。 →承認

 

4.退会処分となった元役員の再入会について(中村会長)
 2013年に退会処分となった元会員から復会願が提出されており、倫理委員会の意見を添えて再入会を認める。 →承認

なお、倫理委員会における復会手続の詳細を改めて検討することとなった。

 

5.学会関連規程の整備について(宮口副会長・学術部長、木田規約委員長)

 1)学会に関する規程(改定案) →「表彰に関する業務」の追記のみ承認。その他の条文は継続審議。

 2)日本作業療法学会優秀演題賞の表彰に関する規程(案) →承認

 3)日本作業療法学会における緊急時対応の手引き(案) →一部修正のうえ承認

 

62020年度課題研究助成制度募集要項案について(宮口副会長・学術部長) →承認

 

7.臨床実習指導者講習会の冊子増刷について(大庭常務理事・陣内前教育部長) →承認

 

8.その他 

 (髙島理事)各部・委員会の委員の業務過多等懸念される点がある。組織マネジメントの視点も踏まえ今後、常務理事会で検討することとなった。

 (太田監事)会員・一般国民からの意見を吸い上げる体制を検討すべきだ。

 (岩佐理事)「キッズタウンとくしま」という小学生向けイベントを実施し、約400名の小学生が体験した。

以上

 

ページトップへ