Close

ページの先頭です。

協会について

HOME > 協会について > 理事会資料

理事会資料

平成30年度 第5回定例理事会抄録

  • 日時: 平成30年12月15日(土)13:00~17:31
  • 場所: 一般社団法人日本作業療法士協会事務所 10階会議室
  • 出席: 中村(会長)、荻原、香山、山本(副会長)、
        宇田、座小田、陣内、宮口(常務理事)、
        池田、小川、川本、酒井、佐藤、清水、髙島、谷、二神、村井(理事)、
        太田、長尾、古川(監事)
  • 陪席: 伊藤、吉田、西出(委員長)、岡本(財務担当)、山田(法律事務所)、
         安藤(辻・本郷税理士法人)、宮原(損保ジャパン)、宮井(事務長)

 

Ⅰ 報告事項

 

1.議事録について 書面報告。

 1)平成30年度第4回定例理事会(1020日)

 2)平成30年度第4回定例常務理事会(1117日)

2.会長専決事項について

 1)会員の入退会 書面報告。

 2)平成307月豪雨被災会員の会費免除 書面報告。

 3)平成30年度第2回臨床実習審査結果 書面報告。

 4)平成30年度第1回専門作業療法士等の認定審査結果 書面報告。

 5)事務局職員の採用(荻原事務局長) 作業療法士の髙島紀美子さんを来年4月1日付で採用する。

3.平成30年度中間監査について(古川監事)
 予算執行状況、役員の業務執行状況は良好である。今後、大幅な会員増が見込めないので、旅費交通費の削減など対応を考えてほしい。システム開発の遅延に伴う対応及び予算・決算の精査を求める。国民の作業療法への期待にどう応えるかを理事会で話し合ってほしい。

4.平成30年10月期の収支状況について 書面報告。

5.第52回日本作業療法学会の事業報告及び決算報告について(宮口常務理事、岡本財務担当)
 地震、台風の影響があったが、無事終了した。参加者は比較的若い方が多く、30~50代が少なくなっている。会計は、ほぼ予算どおりの決算となった。

6.北海道胆振東部地震の影響による第52回学会未発表演題の次年度学会への演題登録について 書面報告。

7.「作業療法マニュアル」シリーズの販売価格の改定について 書面報告。

8.精神障害にも対応した地域包括ケアシステムに寄与する作業療法のあり方について(村井理事)
 課題を整理し考え方をまとめたので、中間報告する。

9.認知症作業療法推進委員会議開催報告について(小川理事)
 11月27・28日に開催し、県士会間で活発な意見交換ができた。

10.『認知症の作業療法手引き(改訂版)』の進捗状況について(小川理事)
 本年度完成を目指している。電子媒体で無料配信することを理事会で了承した。

11.日本リウマチ財団登録理学療法士・作業療法士制度について 書面報告。

12.医療技術者団体協議会への要望書提出について(中村会長)
 女性作業療法士の離職・復帰の課題、定年退職した作業療法士の活用、質の担保の3点を要望した。

13.精神科医療現場におけるタスク・シフティングについての回答書提出について 書面報告。

14.平成30年度医療保険身体障害領域モニター調査結果報告(村井理事)
 報告書は会員ポータルサイトに掲載予定。

15.第2回日本・台湾作業療法ジョイントシンポジウムとビジネスミーティング概要案について(座小田常務理事)
 来年の学会時に、会場の隣で行う。言語は英語。

16.平成30年度災害発生を想定したシミュレーション訓練の実施について(香山副会長)
 30士会と協会役職者が参加して、2019年2月8日(金)11時ごろ行う。

17.協会Webサイトのアクセスログ(20181011月期) 書面報告。

18.会長及び業務執行理事の平成301011月期活動報告 書面報告。

19.協会各部署の平成301011月期活動報告 書面報告。

20.渉外活動報告 書面報告。

 (小山理事)日本精神科病院協会を訪問し、意見交換した。

 (髙島理事)日本緩和医療学会を訪問し、施設基準にリハ職の明記などを提案した。

 (中村会長)「脳卒中・循環器病対策基本法」が12月10日、衆議院を通過した。

212018年度他組織・団体等の協会代表委員名簿(10月末現在) 書面報告。

22.日本作業療法士連盟の動き 書面報告。

23.訪問リハビリテーション振興財団の動き 書面報告。

242019年度の会議日程(案)について(中村会長)
 年間の会議日程を報告。

25.その他

 (香山副会長)法務省と連携し、府中刑務所の見学会を行った。2月には大阪刑務所と医療刑務所の見学を行う。

 (宮口常務理事)中国地方更生保護委員会の委員にOT協会から推薦してほしいという要望があり、推薦した。

 

 

 Ⅱ.審議事項

1.福利厚生制度「親子のちから」(団体保険契約)の導入について
(荻原副会長・事務局長)
 宮原氏(損保ジャパン)の説明を聴取した。 →承認。

2.新コンピュータシステムの開発の遅延と対応について(荻原副会長・事務局長) →承認

3.今後の協会組織のあり方について(中村会長)
 理事と部署長を分離する。 →承認

4.諸規程の整備について(荻原副会長・事務局長、伊藤選挙管理委員長)

 1)定款施行規則(改定案) →承認

 2)役員選出規程(改定案) →承認

 3)代議員選出規程(改定案) →承認

 4)選挙管理規程(「選挙の管理・運営の手引」からの大幅改定) →承認

 5)臨床実習関連諸規程の改廃について

  ①臨床実習指導者研修制度規程(廃止案) →承認

  ②臨床実習指導者研修制度規程細則(廃止案) →承認

  ③臨床実習指導関連申請書(廃止案) →承認

  ④臨床実習指導施設認定制度規程細則(改定案) →承認

  ⑤作業療法臨床実習指導施設認定申請書(改定案) →承認

5.協会への質問書(政治的な動きに対する疑問)への対応について(荻原副会長・事務局長) →承認

6.他組織・団体等の協会代表委員の選定等について(荻原副会長・事務局長) →承認

7.学会関連(宮口常務理事)

 1)第53回日本作業療法学会概要及び予算について →承認

 2)第53回日本作業療法学会(福岡)における演題表彰について →承認

 3)第55回日本作業療法学会 開催日程及び会場について →承認

 4)日本作業療法学会における託児室の料金および定員設定について(宇田常務理事) →承認

 5)今後の学会のあり方についての諮問書について(荻原副会長・事務局長) →承認

 中村会長から宮口常務理事・学術部長に諮問書を手交。

8.2019年度課題研究助成制度審査結果および助成課題の推薦について(宮口常務理事)
 課題研究審査会における審査の結果、研究Ⅰ(1題)、研究Ⅱ(2題)を推薦課題として決定した。採択率は15.8%。 →承認

9.認知症推進委員の士会活動報告、認知症アセスメントのホームページ掲載について (小川理事)
 掲載の際は個人情報に十分配慮する。また、認知症推進委員の各士会における活動報告は一般公開とし、認知症アセスメントは会員専用ページに掲載する。 →承認

10.2019年度予算案について(副会長) →承認

11.次回常務理事会の議題と開催方法について(中村会長)
 遠方の常務理事はWeb参加する形式で、会議を開催する。 →承認

12.その他

(座小田常務理事)働き方改革関連法案の可決に伴い、就業規則を変更する必要がある。また、常勤役員退職金規程をつくったほうがよいのではないか。

(伊藤選挙管理委員長)役員改選の公示は2月15日である。協会誌に公示した後、立候補の受付を開始する。

以上

 

ページトップへ