Close

ページの先頭です。

協会について

HOME > 協会について > 理事会・総会資料

理事会・総会資料

平成30年度 第1回定例理事会抄録

  • 日時: 平成30年4月21日(土)13:00~15:51
  • 場所: 一般社団法人日本作業療法士協会事務所 10階会議室
  • 出席: 中村(会長)、荻原、香山(副会長)、
        宇田、大庭、苅山、座小田、陣内、藤井、三澤、宮口(常務理事)、
        池田、小川、川本、酒井、佐藤、清水、髙島、谷、村井(理事)、
        太田、長尾、古川(監事)
  • 陪席: 錠内、秋山(県士会会長)、伊藤、小賀野、長井、西出、吉田(委員長)
        岡本(財務担当)、安藤(辻・本郷税理士法人)、宮井(事務長)、茂木

 

Ⅰ 報告事項

 

1.平成30年度定時社員総会の議案と議事運営について

2.事業評価について

 1)平成29年度事業評価(年度末まとめ:重点活動項目・5ヵ年戦略対応事業)

 2)平成30年度事業評価表(確認作業中のため未定稿)

3.平成30年度重点活動項目対応工程表(案)について

4.平成30年度予算作成スケジュールについて

5.第52回日本作業療法学会におけるセミナー企画の選定について

6.平成30年度重点活動項目「精神障害にも対応した地域包括ケアシステムに寄与する作業療法のあり方の提示」課題整理経過報告

7.特別支援教育での実践に関する情報交換会報告書

8.入会促進目的の養成校講義用資料「日本作業療法士協会とは?」作成について

9.平成29年度第12回定例理事会議事録について

10.平成30年度2月期の収支状況について

11.平成29年度の会員数と組織率の確定について

12.会員の入退会について(4月以降)

13.会長及び業務執行理事の平成30年3月期活動報告

14.協会各部署の平成30年3月期活動報告

15.渉外活動報告

16.日本作業療法士連盟の動き

17.訪問リハビリテーション振興財団の動き

18.システム開発の進捗状況について

19.協会Webサイトのアクセスログ(平成30年3月期)

20.英語での学会発表・スライド・抄録作成はじめて講座

21.WFOT:2016年発行Position Statements 4編の翻訳終了について

22.その他

 

 

 Ⅱ.審議事項

1.理事会の議事の進め方について
(中村会長)
 報告事項の説明は省き、質問がなければ了解という形で執り行う。 →承認

2.次期システム開発関連費用の積立について(香山副会長)
 1)2次開発にかかる費用を「システム積立」として積み立て、次期システム2次開発にかかる費用に充当する。2)次年度以降もシステム開発費用として積み立てを行う。3)積立額に残額が生じた場合はシステム関連費用に充当する。 →承認

3.平成29年度決算及び監査報告について(香山副会長、古川監事)
 香山財務担当副会長が決算について、古川監事が監査の方法及びその内容、監査の結果と2点の監事意見について報告した。 →承認

4.役員の選出方法について(荻原事務局長、伊藤選挙管理委員長)
 選挙管理委員長より、会長候補者選挙について3案の説明があった。 →継続審議

5.特設委員会の設置について

 1)東京2020パラリンピック対応検討委員会(仮称)(中村会長)
 2018~2020年度に法人管理運営部門内の独立委員会として設置する。 →承認

 2)アジア太平洋作業療法学会誘致委員会(仮称)(中村会長)
 2018~2020年度に国際部内委員会として設置との原案を、法人管理運営部門内の独立委員会に修正する。 →一部修正のうえ承認

6.永年会員制度設計の諮問について(中村会長)
 長年貢献してこられた会員の退会に歯どめをかけるため、定款変更も視野に入れ、制度設計を諮問する。 →承認

7.第53回日本作業療法学会委託業者の選定について(宮口常務理事)
 学会運営委員会は株式会社コンベンションリンケージを提案する。 →承認

8.第33回WFOT代表者会議:審議事項に対するJAOTの方針について(中村会長)
 会費の2%値上げが決定されるかもしれない。 →承認

 理事より、作業療法士の最低学位条件に関するWFOTの提案について、理事会のコンセンサスの必要性、WFOTに対し日本の状況の説明を求める意見があった。

9.次回常務理事会の議題について(中村会長)
 →一部修正のうえ承認

10.その他

以上

 

ページトップへ