Close

ページの先頭です。

法人管理運営

HOME > 法人管理運営 > 会員個人データの共同利用について

会員個人データの共同利用について

1) 協会と士会による会員個人データの共同利用

 一般社団法人日本作業療法士協会(以下、協会)は、都道府県作業療法士会(以下、士会)との間で、協会及び士会の定款ないし規則所定の目的と事業の遂行のために協会と士会会員の個人データを共同して利用しています。個人情報保護法第23条4項3号では個人情報を共同利用する場合には、下記の項目の公表を義務づけて共同利用を認めていますので、下記のとおり公表するものです。

2) 共同して利用される会員個人データの項目

 協会及び士会会員の氏名、生年月日、住所、連絡先、勤務先と属性、出身校、資格取得事項、免許番号、入退会に関する事項、会費に関する事項、研修履歴、生涯教育履歴

3) 会員個人データを共同して利用する者の範囲

 協会及び協会と所定の約定(個人情報に関する覚書)を締結した士会

4) 会員個人データを共同して利用する目的

 協会及び士会の定款ないし規則所定の目的と事業の遂行のため

5) 会員個人データの管理責任者

荻原喜茂(一般社団法人日本作業療法士協会副会長・事務局長・総括個人情報管理者)
事務局:〒111-0042 東京都台東区寿1-5-9盛光伸光ビル7階  一般社団法人 日本作業療法士協会 事務局
TEL:03-5826-7871  FAX:03-5826-7872

ページトップへ

Search

カテゴリー

アーカイブ