Close

ページの先頭です。

作業療法に関わる制度

HOME > 作業療法に関わる制度 > 【掲載のお知らせ】疑義解釈資料(その14)(2019年4月17日)

【掲載のお知らせ】疑義解釈資料(その14)(2019年4月17日)

疑義解釈資料(その14)が2019年4月17日に発出されましたのでお知らせいたします。

 

 2019年3月中に維持期・生活期の【疾患別リハビリテーション料】を算定していた患者が4月以降、介護保険に移り、別の施設で介護の訪問リハビリや通所リハビリなどを開始した場合も、4~6月の3カ月間は、引き続き医療保険のリハビリを月7単位までを限度に算定できることを明記。一方で、【疾患別リハビリテーション料】を算定していない患者に、選定療養としてリハビリを提供することはできないことを示した。

 

 疑義解釈資料(その14)(2019年4月17日)

 

 疑義解釈資料(その14)作業療法関連分(2019年4月17日)

 

【 過去の疑義解釈資料はこちら 】医療保険情報

 

ページトップへ

会員ポータルサイト

施設・養成校管理システム

会員証について

Search

カテゴリー

アーカイブ