Close

ページの先頭です。

作業療法士の支援を受ける

HOME > 作業療法士の支援を受ける > 作業療法士Q&A > 起きることを望まない母、そっとしておくべき?

作業療法士Q&A起きることを望まない母、そっとしておくべき?

起きることを望まない母、そっとしておくべき?

Q.

 80代後半の母。寝たきりになっていますが「自分はもうこのまま静かに暮らしたい」と言います。離床のためのリハビリテーションがつらく、生活にこれ以上の希望も特にないようです。家族も「満足しているのなら、それでいいのでは」という気持ちと「それでも可能ならば、起きてほしい」という気持ちの間で揺れています。どう考えたらいいでしょうか?

A.

 私たち作業療法士もよくこういう場面に出会い、なかなか解決方法が見い出せない時があります。 「自分はもうこのまま静かに暮らしたい」と言いうのは、その時のご本人の真実であると思いますし、尊重しなければならないと思います。このような時は、離床を勧めても、なかなか受け入れてはくれないと思います。
 「何もしたくない…」と言われた時に、心の状態はどうなのか。もしかしたら寂しくて落ち込んでいるのか、誰かに傍にいて優しく甘えさせて欲しいと言っているかもしれない。本当は動きたいんだけど家族に迷惑かけるから諦めているのかもしれません。
 一方で、ご家族は「『満足しているのなら、それでいいのでは』という気持ちと『それでも可能ならば、起きてほしい』という気持ちの間で揺れている」のだと思いますが、たとえ解決しなくても、家族が一生懸命に考え続けていることが重要な慰めや癒しであったりもします。
 私たち作業療法士は、その状況に応じていろいろな側面から改善策を考えていきます。
 お母様は介護を必要とされているようですが、その原因は何でしょうか?

■介護が必要となるきっかけ
脳血管疾患 認知症 高齢による衰弱 関節疾患 骨折・転倒 心疾患 パーキンソン病 糖尿病 呼吸器疾患 悪性新生物 など

 寝たままの状態が長く、起きている時間が短い場合、身体や心の機能が衰えていくという悪影響があります。現在の心身機能を維持していくためには、この悪影響をできるだけ最小限にしていく必要があります。

■寝たきりによる悪影響
意欲の低下 認知機能の低下 食欲不振・便秘 誤嚥性肺炎 起立性低血圧 褥瘡(床ずれ) 廃用性筋萎縮 廃用性骨萎縮 静脈血栓 尿路結石 など

 しかし、作業療法士は寝たきりによる悪影響だけを考えず、その方の心の状態を常に評価し、ご本人の思いを尊重しながらも、ご本人に納得していただきながら心身機能向上やよりよい生活を過ごしていただくために、今、どのような支援が必要かを考えていきます。お母様は、離床のためのリハビリテーションがつらく「このまま静かに暮らしたい」とおっしゃっていますので、まずはお母様の思いを尊重してみてはいかがでしょうか。ご本人も明確に自分の気持ちにきづいているわけではなく、それが言葉にならず「何もやりたくない」、「静かにしたい」という言葉で表れていることもあるかと思います。 ただし、重要なのは、「静かに暮らしたい=何もしないではない」ということです。ベッド上で一日中何もしないで過ごすことは、上記のとおり意欲の低下やと床ずれなど、心と身体にとって悪影響があるだけでなく、実は表現できずにいるだけでご本人にとっても苦痛に思っている場合もあります。

 そこで、ますはベッド上で安楽に過ごすことを目的にリハビリテーションを行ってみてはいかがでしょうか。寝返りがスムーズにできるようになったり、ベッドの周囲のものが取りやすくなるなど、現在の生活をより良く過ごすことを目標に、関節が固くならないようにしたり筋力を維持するために、ご本人にとって大きな負担のない範囲で運動を行い、さらにお母様の思いを尊重しつつベッドの背もたれを上げた状態にした時間を日中多くとるようにしてみてはいかがでしょうか。同じベッドで過ごす場合であっても、ベッド上で身体を起こした時間を多くし、読書をしたり、日記を書く、映画鑑賞するなど、ご本人にとって楽しい時間を過ごすことも大切です。

 起きることは、先述の悪影響を防ぐことができるだけでなく、ご本人にとってさまざまな効果があります。

■起きることで得られる効果
やる気がでてくる 生活リズムが改善する コミュニケーションがしやすくなる 日常生活動作がしやすくなる 外出ができる 社会参加ができる 人としての尊厳が守られる など

 起きることに慣れ、起きている時間が長くなれば、車いすなどの使用により移動することが容易になります。移動することで生活範囲を広げることができます。生活範囲が広がることによって、お母様の「楽しみ」「やりたいこと」が見つかるかもしれません。ご本人が興味や関心、やりたいことなどを見つけることができた時には、ご本人・ご家族をはじめ作業療法士などの支援者が一つのチームとなって、離床への取り組みを進めてみてはいかがでしょうか。

■チームで行う離床の流れ
起きて「してみたいこと」、目標の共有
 ↓
起きることによって、血圧・脈拍の変化、倦怠感や痛みが発生しないかなど身体機能を確認
 ↓
本人に適合した車いすを選ぶ
 ↓
安全で安心できる移乗方法を決めて、離床を行う
 ↓
効果を共有・共感し、さらに次の目標を考えていく

 次期やタイミングをみて、可能性の提示として、いわゆる身体機能的にアプローチすることも重要となりますので、今回のご質問に対して、すぐに答えを出すことは難しいことかもしれません。また今回の例が、必ずしも対象となる方すべてに当てはまることでもありません。ご本人・ご家族ともにお互いの気持ちを伝え合い、作業療法士をはじめとした医療職、介護職とも話し合い、よりよい支援を考え、ご本人の理解を深めることによって、これからも住み慣れたところでご本人らしく生活していただくことが大切ではないかと思います。

■回答
杉本 努(医療法人明芳会 佐藤病院)

 

■作業療法士への質問を募集しています。
「お問い合わせ」フォームからご質問をお送りください。
その際「お問い合わせ内容」の冒頭に「【作業療法士Q&Aへの質問】」と明記してください。
≫ お問い合わせフォームへ

ページトップへ