Close

ページの先頭です。

作業療法士の支援を受ける

TEAM OT

がん患者の「生活の質」を高める、緩和ケアチームで働く作業療法士 -大阪府済生会富田林病院・緩和ケアチーム 島崎寛将さん

がん医療の分野で近年注目を集めている「緩和ケア」。がん患者の苦痛をやわらげるだけでなく、患者家族の不安に対してもケアを行うことで、患者とその家族の「生活の質」を向上させることを目的として、医療的・福祉的・心理的なケアが行われる「緩和ケア」の現場で活躍する作業療法士がいるという。その役割とはいったい、どんなものだろうか?

続きを読む

がん患者の「生活の質」を高める、緩和ケアチームで働く作業療法士を見る

がん患者の「生活の質」を高める、緩和ケアチームで働く作業療法士

地域包括ケアシステムに欠かせない「生活の視点で対象者を支援する医療職」 -株式会社ハート&アート・茂木有希子さん

今「地域包括ケアシステム」が、地域医療・福祉の現場で注目を集めている。「地域包括ケアシステム」とは、医療、介護・リハビリテーション、予防保健など複数の医療・福祉サービスが地域の中で連携することで、誰もが地域の中で、安心して自立した暮らしを送ることのできる環境を作ろうという考え方である。

続きを読む

地域包括ケアシステムに欠かせない「生活の視点で対象者を支援する医療職」を見る

地域包括ケアシステムに欠かせない「生活の視点で対象者を支援する医療職」

変化に柔軟に対応する、急性期リハビリテーション -医療法人安積保養園附属あさかホスピタル・三浦祐司さん

福島県郡山市で、精神科・心療内科を中心に、内科、神経内科、脳神経外科、小児科など幅広い診療科目を持つ「医療法人安積保養園附属あさかホスピタル」。さらにグループ法人として、障害者や高齢者の地域生活を支える社会福祉法人とNPO法人があり、児童・障害者・高齢者の医療と福祉に包括的な支援体制の下、取り組んでいる。

続きを読む

変化に柔軟に対応する、急性期リハビリテーションを見る

変化に柔軟に対応する、急性期リハビリテーション

チームで「生活の視点」から、ケアとリハビリテーションを考える -医療法人社団 東北福祉会 介護老人保健施設せんだんの丘

宮城県仙台市で、高い在宅復帰率を誇る医療法人社団 東北福祉会『せんだんの丘』。一人の利用者に対して様々な職種がそれぞれの職能を生かし関わりあうことで、利用者の社会復帰、自立を実現している。ともに働くチームに、話を聞いた。

続きを読む

チームで「生活の視点」から、ケアとリハビリテーションを考えるを見る

チームで「生活の視点」から、ケアとリハビリテーションを考える

高い専門性と、チームで協働するコミュニケーションスキル -横浜市総合リハビリテーションセンター

作業療法士は、多くの専門職と協働しながら、病院や施設、あるいは地域の課題を共に解決している。今回は「チームリハビリテーション」で障害を受けた当事者と向き合う、「横浜市総合リハビリテーションセンター」を訪ねた。

続きを読む

高い専門性と、チームで協働するコミュニケーションスキルを見る

高い専門性と、チームで協働するコミュニケーションスキル
3 / 3123

ページトップへ