Close

ページの先頭です。

作業療法士の支援を受ける

HOME > 作業療法士の支援を受ける > TEAM OT > 認知症の方が、地域で、家族と暮らすために

TEAM OT認知症の方が、地域で、家族と暮らすために

前橋市認知症初期集中支援チーム・山口智晴さん

 認知症になっても、その人らしく地域の中で暮らし続けることができるために、さまざまな取り組みが行われている。「認知症初期集中支援チーム」は、認知症が疑われる段階から積極的に支援に関わることで、認知症当事者が地域で暮らし続けることを支援するための、多職種による取り組みだ。この取り組みにおける作業療法士の役割を探る。

認知症の方が、地域で、家族と暮らすために

 群馬県前橋市では2013(平成25)年から、国のモデル事業として「認知症初期集中支援チーム」が設置され、認知症の方やその家族を訪問支援する取り組みを行っている。「認知症では、初期の対応が非常に重要なのです。これまでは、医療・福祉サービスにつながる前の段階での支援体制が整っていなかった」と話すのは、前橋市認知症初期集中支援チーム(以下、支援チーム)の作業療法士・山口智晴さんだ。認知症の方やその家族が「認知症になっても安心して生活していく」ためには初期の対応が非常に重要であるとの考えから、初期集中支援を行っている。

 認知症の初期段階では、本人の病気に対する認識が保たれているものの、家族や周囲の人たちの認知症に対する理解ができていないことが多い。そのため行動や、その背景となる病気のことを受け止めることができず、トラブルに発展することがしばしばある。トラブルが発生するからこそ支援チームに相談が持ち込まれるという面もあるが、「認知症だとわかり、支援チームへ支援の依頼を受けた段階では、家族や地域との関係性が修復不可能なほど壊れてしまっていた、という場合も少なくないのです」(山口さん)。「認知症は『関係性の障害』でもある」と山口さんが言うように、本人の認知機能が低下・変容するというだけでなく、これまでの人生の中で構築してきた家族や地域との関係性が壊れてしまうことが、大きな障害となる。認知症の初期段階から適切な支援を行うことで、本人や周囲が病気を理解し、認知症と向き合いながら暮らしやすい体制を作り、その中でスムーズに医療・福祉機関へとつなげていくのが支援チームの役割だ。

 支援チームの支援の流れはこうだ。まず「地域包括支援センター」など地域の相談機関に、家族や本人、あるいは近隣住民などからの相談依頼が入る。「多くは、家族の様子がおかしい、とか、近所の人の行動が変だ、認知症ではないか、といったものです」。支援チームは作業療法士、看護師、社会福祉士など多職種から構成されており、依頼を受けるとその中からいずれか2職種がペアを組んで訪問する。訪問時にはその方の認知機能をはじめ、精神心理状況、生活状況、家族の病気に対する理解など、さまざまな側面から現状を評価する。評価に基づき、かかりつけ医やケアマネジャーなどと情報共有しながら支援体制を検討すると同時に、認知症の方およびその家族に対しては、病気の説明や、病状に合わせた生活環境の改善を提案する。

こうした支援の流れの中で、作業療法士の果たす役割は大きいと山口さんは言う。「訪問する認知症の方およびその家族は、認知機能が低下する中で、さまざまな生活上の障害に直面しています。彼らの困難を解決の方向にもっていくためには、病気や症状だけ切り出して評価・対応するのではなく、生活環境や生活歴、また本人の要望などを聞き出し、行政をはじめとする地域の医療・福祉資源と連携させていくことが必要です。医学的知識を持った生活行為の専門家である作業療法士の視点で評価することやコーディネートの能力が、大いに役立つところです」。

前橋市の支援チームが関わる期間は、おおむね3か月から半年の間となっている。しかし「初期集中支援」の「初期」とは、病気の初期段階だけでなく関わりの初期という意味も表しているのだという。「本人や家族の病気に理解が深まり、生活の方向性が定まり、適切な医療・福祉機関とつながることができれば、初期集中支援は目的を果たしたことになります。3か月から半年というのは、そこに至るまでのある程度の目安です」。だからその人の状況に応じて支援期間の長さは異なり、支援期間が終わっても、認知症の方の様子を定期的に確認したりすることもあるという。

認知症の方とその家族は、住み慣れた地域での暮らしを、いわば「新たに始める」ことになる。そのスタートをチームで支える多職種のチームの中で、その人に向き合い、その人の暮らしを評価することのできる作業療法士が果たす役割は大きい。

■施設情報
前橋市認知症初期集中支援チーム
〒371-0847 群馬県前橋市大友町3-22-9
前橋市地域包括支援センター西部内

群馬医療福祉大学リハビリテーション学部
〒371-0023 群馬県前橋市本町2-12-1前橋プラザ元気21内(6・7F)
電話:027-210-1294

ページトップへ