Close

ページの先頭です。

作業療法士になるには

HOME > 作業療法士になるには > 私のスタートライン

私のスタートライン

旅行会社から、作業療法士へ -発達支援ルーム ここすてっぷ 西出水・古賀一輝さん

大学時代、アルバイトでお金を貯め、アジアなど海外のさまざまな国へ、一人旅をしていました。厳しい環境で暮らす子どもたちの姿や、貧富の差を自分の目で見た時に、日本に生まれてきた自分の幸せを強く感じると同時に、こうした貧しい国の人々に対して、なにか支援ができないかという気持ちになりました。

続きを読む

旅行会社から、作業療法士へを見る

旅行会社から、作業療法士へ

現場での試行錯誤に、やりがいを感じます -昭和大学藤が丘病院・鎌崎瑞穂さん

作業療法士という職業を知ったのは高校生の時です。たまたま放送されていたドラマの主人公の一人が目指していたのが作業療法士だったんです。ちょうどその時、祖母が入院するという出来事もあって、祖母のリハビリテーションでも、作業療法士という職業に触れる機会がありました。

続きを読む

現場での試行錯誤に、やりがいを感じますを見る

現場での試行錯誤に、やりがいを感じます

学びながら育ててきた、作業療法士への思い -東京大学医学部附属病院リハビリテーション部・野口智子さん

中学校の時に、「自分の将来について」という授業があったので自分の進路について、かなり早い時期から考えていました。その授業をきっかけに、どんな職業に就きたいかを意識するようになりました。

続きを読む

学びながら育ててきた、作業療法士への思いを見る

学びながら育ててきた、作業療法士への思い

母が倒れた時はじめて、作業療法と向き合った -春日居サイバーナイフ・リハビリ病院・中嶋梨紗さん

春日居サイバーナイフ・リハビリ病院の中嶋梨紗さん。大学2年の時に、自分の進む道を見つめなおし、作業療法士になるという強い思いを抱くことになった、ある出来事が起こりました。

続きを読む

母が倒れた時はじめて、作業療法と向き合ったを見る

母が倒れた時はじめて、作業療法と向き合った

人の人生やくらしと、ずっと関わっていたい -たすく株式会社・増子拓真さん

たすく株式会社で働く増子拓真さん。「一人の人と長い時間じっくり向き合う職業につきたい」と作業療法士を目指し、今は子どもたちの成長を支援する療育の世界で奮闘している。

続きを読む

人の人生やくらしと、ずっと関わっていたいを見る

人の人生やくらしと、ずっと関わっていたい
3 / 3123

ページトップへ