Close

ページの先頭です。

作業療法士になるには

HOME > 作業療法士になるには > 私のスタートライン > 人の役に立ちたい、人の生活を支えたい

私のスタートライン人の役に立ちたい、人の生活を支えたい

座間総合病院・赤坂侑香さん

 神奈川県座間市の座間総合病院に勤務する作業療法士、赤坂侑香さん。祖父の入退院をきっかけにリハビリテーション職に出会い、そのなかでも「人の暮らしを支える」ことのできる作業療法士に憧れ、目指すことにしたという。

座間総合病院・赤坂侑香さん

 高校生になるくらいの時に、祖父が脳梗塞で倒れました。その時にリハビリテーション職と出会ったんです。もともと「手に職」的な職業に憧れがあったので、医療・福祉職も候補にはあがっていましたが、具体的な職業まではイメージしていませんでした。祖父のリハビリテーションを見て、訓練士が患者の回復に向けて支援をする姿を目のあたりにし「ああ、これが人のためになる仕事なんだな」と思ったんです。それから自分もなにか人の役に立てる仕事がしたい、と強く思うようになりました。

 高校に入学してすぐに、卒業後の進路を考え始めた時にはもうリハビリテーション職への就職を前提に、考えていました。祖父のリハビリテーションをしてくださっていたのは主に理学療法士の方でしたので、最初は理学療法士を目指すことを考えていたのですが、調べていくうちに、自分の本当にやりたいことが実現できるのは作業療法士なのではないかと考えるようになりました。祖父が脳梗塞で倒れた後の生活は、後遺症による障害で、当事者も家族も倒れる前と生活がガラッと変わってしまいました。特に当事者は、これからどのように生活するかを考えていかなければいけません。新しい生活のなかで前向きになれるような支援をしたい。作業療法士ならば、それができるのではないかと思い、作業療法士になることを決意しました。

 大学は、居住している神奈川県内の公立大学を探して受験・入学しました。実家から通学するにはやや遠かったのですが、先生方はとても熱心で、同級生の勉強する意識も高く、とてもいい環境で4年間を過ごすことができました。卒業後この病院で働き始めて2年目になります。今年から複数の患者を同時に担当することになり、あらためて仕事の難しさを感じています。何がその人にとって最善の選択か、常に患者と共に考え、模索し続けなくてはなりません。上司・先輩がアドバイスや指導をしてくださいますが、最後は自分自身がその人と向き合わなくてはなりません。思いや希望は一人ひとり全く異なります。毎日悩んでばかりです。

 今は苦しみ、悩む時間が多いですが、この経験がきっと成長に結びつくと考えて頑張っています。私はいつでも、患者を家族のように献身的に、真摯に向き合うことができる作業療法士でありたいと思っています。同時に作業療法士という専門職としての知識と技術を活かして、その人が退院後に新しい生活に前向きな姿勢をもってもらえるように支援し「この人に出会えてよかったな」と思ってもらえるような作業療法士になりたいです。まだまだ未熟ですが、理想とする作業療法士になるために、日々努力を続けています。

人の役に立ちたい、人の生活を支えたい

■施設情報
社会医療法人 ジャパンメディカルアライアンス 座間総合病院
〒252-0011 神奈川県座間市相武台1-50-1
電話:046-251-1311(代表)

ページトップへ