Close

ページの先頭です。

作業療法に関わる制度

HOME > 作業療法に関わる制度 > 【訪問看護ステーションにおける医療的ケア児の リハビリテーション実施状況調査】へのご協力お願い

【訪問看護ステーションにおける医療的ケア児の リハビリテーション実施状況調査】へのご協力お願い

平成29年3月10日

ご協力いただける施設の代表者様

 

一般社団法人  日本作業療法士協会

    会      長     中村 春基

常務理事 制度対策部部長  山本 伸一

                   保険対策委員会  委員長  梶原 幸信

 

 

制度対策部 保険対策委員会

訪問看護ステーションにおける医療的ケア児の

リハビリテーション実施状況調査へのご協力のお願い

 


 

謹啓 時下益々ご清栄のこととお慶び申し上げます。

 平素より当協会 制度対策部 保険対策委員会の活動に関しまして、深いご理解とご協力を賜り、厚く御礼申し上げます。

 さて、当委員会では下記のように、臨床の実態を把握し今後の関連制度の報酬改定における要望活動等の資料とすることを目的に、モニター調査を行っております。

 近年、NICU(新生児集中治療室)等の長期入院後も痰吸引や経管栄養等の「医療的ケア」が必要な障害児(医療的ケア児)が増加しております。この医療的ケア児とその家族が在宅生活を開始するためには、訪問看護とともに提供される訪問によるリハビリテーション医療の果たす役割が高まっていることから、状況を把握する必要があると考えます。

 皆様にはご負担をお掛けいたしますが、作業療法の発展に極めて重要な調査となりますので、是非ご協力いただきますようお願い申し上げます。

 今回の調査方法は、インターネットを使用した調査となります。施設の作業療法士代表者様お一人にお答えいただくようお願い致します。なお、回答の修正は回答期間内であれば修正が可能です。

 

調査回答の所要時間は、10~20分程度です。設問内容の全文は、アンケートに記載されているURLから資料としてダウンロードできます。

 

回答期間:3月10日(金)~3月24日(金)23:59まで

(3月吉日発行の調査依頼書が届いた施設のみが回答ができます。)

rinshyoujissyuuseido

 

 

 

 

 

 

 

 なお、貴院のご都合等でご回答をいただけない場合・調査に関するご質問等がございましたらは、下記の問い合わせ先へメールにてご一報いただければ幸いです。

 お問い合わせ先:制度対策部 保険対策委員会 黒澤 淳二(大阪発達総合療育センター)

             E-mail:junji.kurosawa※nifty.com
             (※には@がはいります。)

 

 ※)回答は、各回答者がご使用になるブラウザのCookieに保存されます。そのため、ブラウザのCookieの設定が無効の場合や別のパソコンで再開された場合などでは保存されず、最初からご回答いただくようになりますのでご注意ください。

 

 

 

ページトップへ

会員ポータルサイト

施設・養成校管理システム

会員証について

Search

カテゴリー

アーカイブ