Close

ページの先頭です。

学術研究

HOME > 学術研究 > 第3回下肢慢性創傷の予防・リハビリテーション研究会

第3回下肢慢性創傷の予防・リハビリテーション研究会

第9回日本下肢救済・足病学会学術集会

 

特別連携企画 「第3回下肢慢性創傷の予防・リハビリテーション研究会」
下肢慢性創傷患者における再発予防とリハビリテーション
~臨床的介入方法とそのエビデンス~

 

15:20~ 15:22  開会の挨拶 河辺信秀(城西国際大学)
15:22~ 15:30  開会の宣言 「第3回研究会の狙いと今後の研究会の活動について」
           演者:河辺信秀(城西国際大学)
15:30~ 16:00  教育講演1 「下肢慢性膚1傷患者の再発予防におけるoff loadingの意義」
           座長:門野邦彦(南奈良総合医療センター)
           演者:菊池守(下北沢病院)
16:00~ 16:55  シンポジウム1 「足底負荷量が上昇する因子とその対処に関して」
           座長:見木太郎(P.0.イノベーション)、松本純一(春日部中央総合病院)
           演者:1-a再発予防に必要なフットウエアとその効果
                 大平吉夫(日本フットケアサービス)
              1-b関節機能の影響と関節可動域練習の効果
                 河辺信秀(城西国際大学)
              1-c歩行形態による影響と歩行指導の効果
                 榊聡子(春日部中央総合病院)
16:55~ 17:25  教育講演2 「下肢慢性創傷患者の歩行機能」
           座長:泉有紀(NHO京都医療センター)
           演者:寺師浩人(神戸大学)
1725~ 18:05  シンポジウム2 「下肢慢性創傷患者に対するリハビリテーションが歩行維持率と医療費に及ぼす影響について」
           座長:河辺信秀(城西国際大学)
           演者:2-a後ろ向き研究での検討
                 前重伯壮(神戸大学)
               2-b下肢慢性創傷入院患者に対するリハビリテーション開始時期の違いが退院時および退院後の歩行維持率。医療費に及ぼす影響
                 林久恵(星城大学)
18:05~ 19:15  シンポジウム3 「下肢慢性創傷を合併した透析患者の生活機能とQOLを考える」
           座長:佐藤精一(大分岡病院)、佐藤浩二(大分岡病院)
           演者:3-a透析患者の在宅生活における生活機能の障害とは?
                  高島千敬(広島都市学園大学)
              3-b透析室における作業療法士の生活機能への介入
                 上谷耕平(青仁会池田病院)
              3-c下肢慢性創傷を合併した透析症例に対する生活機能への介入
                作業療法士の立場から
                 加藤恒一(大分岡病院)
              3-d下肢慢性創傷を合併した透析症例に対する生活機能への介入
                看護師の立場から
                 麻生百花(大分岡病院)
19:15~ 19:20  閉会の挨拶

 

ページトップへ

会員ポータルサイト

施設・養成校管理システム

会員証について

Search

カテゴリー

アーカイブ