Close

ページの先頭です。

学術研究

HOME > 学術研究 > 台湾‒日本 作業療法ジョイントシンポジウムのお知らせ

台湾‒日本 作業療法ジョイントシンポジウムのお知らせ

第 1 回アジア太平洋作業療法シンポジウム(APOTS) 開催に先立って 10 月 20 日午前に 2017 台湾‒日本 作業療法ジョイントシンポジウム(2017 Taiwan-Japan Occupational Therapy Joint Symposium)が行われます。

 

日時: 2017年10月 20日 (金) 9:00AM-12:00PM

会場: 長庚大學
会費: APOTSに参加する方 NTD500   APOTSに参加しない方 NTD1000

 

公式ページ、申し込みはコチラ(英語・中国語)から

 

テーマとスピーカーは下記の通りです。

シンポジウム1

作業を基盤とした介入―生活行為向上マネジメントの開発

 / 小林隆司(首都大学東京)

台湾の高齢者に対するライフスタイル修正プログラムの開発と効果

 / Chang-Chih Robin Kuo (KAOHSIUNG MEDICAL UNIVERSITY)

 

シンポジウム2

支援機器の適用-日本の支援機器(介護ロボット)の開発における作業療法の役割

 / 渡邉愼一(横浜市総合リハビリテーションセンター)

筋萎縮性側索硬化症(ALS)者における BCI を基盤とした運動イメージの近年の進歩

 / Yi-Hung Liu(NATIONAL TAIPEI UNIVERSITY of TECHNOLOGY)

 

 

公式ページ、申し込みはコチラ(英語・中国語)から

ページトップへ

会員ポータルサイト

施設・養成校管理システム

会員証について

Search

カテゴリー

アーカイブ