Close

ページの先頭です。

学術研究

HOME > 学術研究 > 事例報告登録

事例報告登録

日本作業療法士協会  「事例報告登録制度」について

 一般社団法人日本作業療法士協会では,平成17年9月1日より「事例報告登録制度」を開始しました.本制度は次の3点を主な目的としています.

  1. 事例報告の作成によって会員の作業療法実践の質的向上を図る
  2. 事例報告の分析によって作業療法成果の根拠資料を作成する
  3. 事例報告の提示によって作業療法実践の成果を内外に示していく

 本制度への事例登録は生涯教育制度の「認定作業療法士」申請の要件である「症例報告」を兼ねています.事例報告は,基礎コース・専門コースの受講有無にかかわらず,いつでも登録することができます.会員のみなさまには以下を参照のうえ,積極的な事例登録をお願いします.

1.同意書について

 平成27年7月30日より「同意書」が変更されました。
 平成27年7月30日以降は下記の「同意書」および「同意説明文書」を使用してください。
 (ただし、平成27年7月30日以降でもそれ以前の「同意書」は受け付けておりますので、すでにこの同意書を使用されている場合には、新たに同意を取り直す必要はありません。)

 

(平成27年7月30日以降使用)

2.手引きと操作マニュアルについて

 登録画面の操作を解説した「事例報告登録マニュアル」は,平成27年7月30日に更新されました。事例報告登録システムのトップ画面よりダウンロードすることができます.

3.IDとパスワードについて

 事例登録時には会員管理システムと共通のID(会員番号)・パスワードが必要となります.パスワードを紛失した会員は「パスワード申請書」を事務局に提出し,事前に新規パスワードの交付を受けてください.

 

事例報告登録への入り口

 

             現状の説明とご理解へのお願い

          MTDLP事例報告登録の審査期間について

 こちらは日本作業療法士会学術部事例報告登録制度管理室です。
 日頃はMTDLP事例報告登録制度に関心をお持ちいただきありがとうございます。
 このたび、事例報告登録制度の運営にあたって、審査期間等に以下の事態が発生しておりますので、現状のご説明をさせていただきます。
 現在、事例報告登録制度にご登録いただきました事例のお伝えした審査期間よりも、遅延しております。これは、事例報告数の増加とともに集中していること、それに伴い審査委員の絶対数が不足していることに加え、ある一定の審査委員に業務が集中していることが原因となっております。審査業務の改善、審査委員の増員といった改善に努めているところではありますが、皆様の目に映る改善に至っておりません。
 会員諸氏の日々の成果である事例報告をお預かりした重責を果たすべく、今後も善処いたします。
 上述の状態にご理解を賜り、今後も事例報告登録制度にご協力を賜りますよう、お願い申し上げます。

 

・再報告事例の場合、審査に時間がかかる場合があります。何卒ご了承いただきますようお願い申し上げます。

 

問い合わせ先
 事例報告登録システムにログインし,「Q&A」のページにお進みください.問い合わせ専用のメールアドレスがリンクされています.そちらよりご質問やご意見をお寄せください.

ページトップへ

Search

カテゴリー

アーカイブ