Close

ページの先頭です。

学術研究

HOME > 学術研究 > 平成24年度 課題研究助成制度採用課題

平成24年度 課題研究助成制度採用課題

研究
種目
研究課題名 申請者(研究代表者) 所属 助成金額(円)
不器用児に対するHandwriting評価及び介入効果の検討 中島 そのみ 札幌医科大学
保健医療学部
800,000
研究の概要: 学齢期の書字や描画活動(Handwriting)は重要であるが,その適切な評価方法がない現状にある.申請者らはこれまで児童の書字の定量的な評価指標の作成,描画中の経時的評価機器の開発を行ってきた.本研究ではこれらの臨床応用に向け,不器用さを有する発達障害児を対象に,開発したHandwriting評価の結果と機能評価との関連性を検討するとともに,介入方法や介入効果の判定を縦断的な症例検討を通じて分析する事を目的とする.
特定高齢者の介護予防における作業療法的介入の導入効果の研究 由利 禄巳

関西医療技術専門学校

720,000
研究概要: 介護予防は,個々の生活行為や参加の向上を目指すものである.しかし心身機能に介入しその効果を示す報告は多いが,生活行為や参加への介入とその効果を示した報告はほとんどない.そこで本研究では,特定高齢者の通所型介護予防教室において,「個々の生活行為に対する個人の価値を把握したうえで,生活行為の目標設定と,その実現への取り組みの提案」を導入した介入を行う.その後,この作業療法的介入による介護予防効果を多面的に検証する.
介護老人保健施設における作業に焦点を当てた作業療法の効果と費用効果分析;無作為化比較試験による検証 長山 洋史 北里大学
医療衛生学部
960,000
研究概要: 本研究では,介護老人保健施設の入所者を対象に,iPadアプリケーションである作業選択意思決定支援ソフト (Aid for Decision-making in Occupation Choice:ADOC)を用いた作業に焦点を当てた実践(Occupation-based practice; OBP)の効果と費用効果を無作為化比較試験にて検討する.具体的な解析方法としては,EQ-5Dから算出した効用値から,質調整生存年(Quality Adjusted Life years :QALY)を算出し,期間内総医療費,介護保険料等の直接費用より1QALYあたりの費用を算出する.通常介入群とOBP群の1QALYあたりの費用を比較し,増分費用効果比(incremental cost-effectiveness ratio: ICER)にて費用効果的であるかについて検討する.
精神障害者に対する地域生活支援プログラムの開発 -社会生活と化粧を関連づけたアプローチ- 石橋 仁美 東京工科大学
医療保健学部
1,200,000
研究概要: 本研究では,地域に在住する精神障害者(以下,クライエント)を対象とした,社会生活と化粧を関連づけた地域生活支援プログラム「Supporting Social Participation through a Cosmetic program:SSPC」を新たに開発する.SSPCでは,単に化粧を実践するだけでなく,「TPOに合わせたメイク」や「生活習慣が肌に与える影響」などをテーマとして,化粧を通して社会生活を振り返る.さらに最終的には,化粧を施して意味のある作業に挑戦するプログラムである.本研究の目的は,SSPCの効果をクライエントの健康関連QOL変化から検討することである.
女性の労働におけるストレス要因とうつ病との関連 -賃金労働と家事労働の比較から- 星野 藍子 名古屋大学
医学部
600,000
研究概要: 本研究ではうつ病女性の家庭復帰・職場復帰を支援する作業療法プログラム開発において,重要な関連因子であるストレス要因を明らかにする.そこで賃金労働,家事労働上で女性が抱えているストレス要因を調査する.対象は,有職の健常女性,有職のうつ病女性とし,両者に具体的な労働上のストレスに関するアンケート調査を実施予定である.またそれぞれを比較することで、女性特有の労働上のストレス要因を明らかにしていきたい.

 

平成24年度課題研究助成制度
課題研究審査会
     委員長 石川 隆志(秋田大学)
     委 員 淺井 憲義(北里大学)
     委 員 小林 隆司(吉備国際大学)
     委 員 澤田 雄二(名古屋大学)
     委 員 新宮 尚人(聖隷クリストファー大学)
     委 員 高畑 進一(大阪府立大学)
     委 員 日垣 一男(大阪府立大学)
     委 員 東 登志夫(長崎大学)
     委 員 茂原 直子(大阪発達総合療育センター)
     委 員 村井 千賀(石川県立高松病院)
課題研究倫理審査会
     委 員 加藤 朋子(埼玉県立大学)
     委 員 苅山 和生(佛教大学)
     委 員 小林 毅(千葉県立保健医療大学)
     委 員 小林 法一(首都大学東京)
     委 員 小林 正義(信州大学)

ページトップへ

Search

カテゴリー

アーカイブ