Close

ページの先頭です。

学術研究

HOME > 学術研究 > 疾患別ガイドライン(脳卒中,認知症)についての意見募集

疾患別ガイドライン(脳卒中,認知症)についての意見募集

脳卒中、認知症ガイドライン0班の完成

 

学術部学術委員会疾患別ガイドライン班

 

  学術部学術委員会疾患別ガイドライン班では作業療法における脳卒中・認知症ガイドラインの作成を行ってきました。この度、0班が完成し、皆様からのパブリックコメントを頂く運びとなりました。リハビリテーションの担い手である作業療法士には、その治療的行為の結果に関してのエビデンスを求める社会的な要請が高まってきています。本ガイドラインでは、今後、作業療法士が取り組むべき課題の一端が示されていると考えています。一方で、ガイドラインは臨床活動において治療内容を決定する一つの指標であり、対象者の経験や考え、臨床家の経験、倫理的配慮なども作業療法を実践するうえでは同様に重要です。ガイドラインは作業療法士が臨床現場で意志決定を行う際の判断材料の一つとして、また、対象者やご家族の方にも作業療法の根拠を示す指針の一つとしてお読みいただきたいと考えています。会員の皆様には、是非関心を持って頂き、パブリックコメントをお寄せ頂けますようお願いいたします。また、昨年度パブリックコメントを頂戴した脳性麻痺のガイドラインについても同時に掲載しておりますので、是非、ご確認いただければ幸いです。

脳卒中の作業療法ガイドライン0版
認知症の作業療法ガイドライン0版
脳性麻痺の作業療法ガイドライン0版

<ご意見の送付>
①氏名
②会員番号
③ご意見
を明記し、spec-guideline@jaot.or.jp までお送りください。
意見募集期間は2月28日(火)までとなっています。

ページトップへ

会員ポータルサイト

施設・養成校管理システム

会員証について

Search

カテゴリー

アーカイブ