Close

ページの先頭です。

その他

HOME > その他 > 【調査】リンパ浮腫に関する作業療法の実態調査

【調査】リンパ浮腫に関する作業療法の実態調査

調査回答ご協力のお願い

制度対策部


がんの合併症等として発症するリンパ浮腫には、発症予防と適切な指導・治療により対象者のQOLを向上させることが求められています。2008年度にリンパ浮腫指導管理料が新設されて以降、当協会では当該管理料へ作業療法士も関与できるよう要望を重ね、2016年度にはリンパ浮腫複合的治療料とリンパ浮腫指導管理料の両者の算定職種として作業療法士の職名が記載されました。
このたび制度対策部では、リンパ浮腫に対する作業療法のより具体的な関与実態を把握し、今後の推進の方策を検討する資料とすることを目的とし調査を実施することといたしました。業務ご多用の折ご面倒をおかけいたしますが、是非ご協力くださいますようお願い申し上げます。


調査依頼対象  当会施設・養成校管理システムに登録がある施設のうち、

        がん診療連携拠点病院等に勤務する作業療法士

 

調査期間    2020年2月17(月)~3月6日(金)

 

 

調査票     

 

 

お送りした依頼文・調査票に記載のパスワードを入力し、回答へ進んでください

 


問い合わせ   日本作業療法士協会 制度対策部
        e-mail: ot_seido*jaot.or.jp  *を@にかえてください

ページトップへ

会員ポータルサイト

施設・養成校管理システム

会員証について

Search

カテゴリー

アーカイブ