Opera20号
12/16

で造成報中告のす宅る地。が3月に分譲されるのを待っていた)。④被災地にありなが 集落津で波はの、被住害宅はの過93去%にがも破あ損っした3。名こあって、いわゆる死傷者は最小限に引とどきま裂っかたれもるの人のび、地と域住民の生活や共同体のあり方にもたらした破壊的なあ影れ響かはら4計り年知経れちな、い被。災した小本 地日区本の作住業民療た法ち士は協、会おはよ震そ4災後つのの平異たな①生親き族がないど創を造頼事っ業て」他をの受地託区しにて移引らもき被裂災か者れでるは人な々い人たち。住み慣れた地域を離れるには、だ れし昨も年抵訪抗問がしあたる際。にそはれ、で被も災、し住た民小 った①。親こ族のな地どでを生頼まっれて育他っのた地高区齢に者移 住住民みの慣自れ主た的地な域活を離動れをる応に援はだれを希望する。浜から離れた場所に暮らす人たちは、海と共存共栄してきた人たちと違い、子どもを通わせる学校は浜から離れたところにしたいと願う。さらに、戸建てを建てる見込みが立たなくて災害公営住宅に入居する道を選んだ人たち。被災地に暮らしていても被災者ではないために、どこからも支援が入ってこなかった人たち……。それぞれの境遇におかれた人たちいる人たち。しも抵抗がある。それでも住民たちはこ、のこよもうごにも震の災事で情痛をめかつかけえらなれがたら、すたると。え浜ばか岩ら泉離町れはた、場平所成に24暮年ら度すに人、教育のための被災地ガイドをしてほ住しい民とのい自う主要的望なが活あり動、を同応年援末から被災地ガイドの活動を開始した。 こそののよガうイにド震の災ひでと痛りめでつもけあらりれ、た大 た(岩震泉災町当で時はは平副成会24長)。年に、「高齢者の新たな生きがい創造事業」を実施5し、年日後本を作見業据療え法て士協会がこれを受託した。その際、あくまでも仮設住宅な長ど崎そされんぞにれ話のを自聞治い会たが。主体になで3、参月加に者、の新健し康く状造態成をさ把れ握たし宅、地今が 仕ま方たな、くすあできにら平め成た21と年し、て町もお、こ親し子波しのた恐人怖たをち経。③験仮し設た住若宅いの世人代たはち移(住そはっこたこ人にた住ちみ。続②け災た害い公と営願住う宅がに、入津居ら異、なこるう境し遇たに選お択かをれせてざいるたを。えなかた本ち地は区このも住ご民もたのち事は情、をおかよかそ4えなつがの援もの被方災向者性でをな見いいただめすに取、りど組こみかもらなも加ん者だの人健た康ち状。態被を災把地握にし暮、ら今し後てのい支て23復年興の住津宅波、災災害害の公た営め住に宅休の止大状き態く3にの元立々ちの上小げ本が集準落備、さ新れたてにい造た成。さ平れ成たの津一波環のと被し害てに「あ岩っ泉た観地光域ガのイ住ド民協会は」、さ支れ援たが。入ってこなかった人たち……。ま一た年、後す再でびにこ平こ成を21訪年れ、た町とおきこはし、23た年めのに津は波資災金害繰のりたがめ必に要休で止す状か態らに、ので立はちな上いげでがし準ょ備うさかれ。て戸い建たを。建平て成るの関一係環もと一し段て落「し岩て泉前観向光きガにイなドっ協た会の」あ年っ配たのがほ、う全が国折各れ地るのし学か校なかいらの防で災す。後分の譲支さ援れのる方こ向と性にをな見りいまだしすた取。りこ組こみにも戸な建さをれ建たて。ることにした人たちは、に宅わにた住っみて続現け地るを人訪た問ちし(そ取の材多しくたはの、状住況宅をに調入査居しし確た認人すたるち目。的③で仮、2設年住被っ災た者人のた支ち援。に②入昨っ年3たが月、にそ災の害後公の営             最く大て限災配害慮公さ営れ住た宅。にそ入の居なすかるで道、を参選れさぞられにの戸自建治を会建がて主る体見に込なみるがよ立うたになそ浜のか際ら、離あれくたまとでこもろ仮に設し住た宅いなとど願そう。たちなと生違きいが、い子創ど造も事を業通」わをせ実る施学し校たは。、作た業ち療は法、士海がとか共か存わ共る栄「し高て齢き者たの人新たて怖いをる経。験した若い世代は移住を希望る―よ―うこにの1最大年限間配で慮変さわれったた。こそとのは中?成な24る年境年遇度に、お岩か泉れ町てのい「た高。齢者の新くにり住をみ後続押けしたすいるとこ願とうがが大、切津に波なのっ恐的こなの活地動でを生応ま援れし育、っコたミ高ュ齢ニ者テはィこづこ地こ域うをし元た気選に択すをるせにざはる、を住え民なのか自っ主た。ててい、る小。本集落の自治会長を務めてきくこりのを3後年押間し、「すオるレこがとやがる大」切とに言なっっ的震な災活で動はを、応自援宅しも、家コ族ミもュ無ニ事テだィっづた。地工域をを生元業気ににしすてるきにたは長、崎住基民一のさ自ん主。難欠訓か練さをず続避け難て訓き練たを結続果けでてあきるた。甲斐被さ害れはた最の小はだ建っ物ただ。け毎で年は欠なかいさ。ず毎避年今回回が、最建大物級被だ害っはた最と大いだうっ。たしがか人し的壊と年に昭大和津8波年がに来もた津が波、災建害物に被あ害っはた今。がこ犠百牲年ににな限っったて。もこ明れ治29まで年明と治昭29和8年側損で、3、海名とのの方つがな犠が牲りにのな深っいた小。本のあつっにた隔がて、ら全れ国て各し地まのっ学て校いかた災害公営住宅●岩泉小本駅のホームから眺ら。めた災害公営住宅。5棟の住宅には30世帯防岩泉町小本仮設団地災ほどが暮らす。(2016年2月11日撮影)JAPANESE ASSOCIATION OF OCCUPATIONAL THERAPISTS 10JAPANESE ASSOCIATION OF OCCUPATIONAL THERAPISTS 12のの多間くのは心、の造溝成は中深のく宅、地おが互分い譲のさ交れ流るはのを断待絶っしてていいたる)。よ④う被に災さ地え域思住わんれでる。地甚区大でなあ被る害。をな受かけで、も住、宅小の93本%川右が岸破出だた。よ東う日に本な大っ震て災いでるはとここころもが津小波本の図てでい見るる。とそちのょ海こ辺んのと集太落平が洋小に本突地き区る東岩部泉は町細は長ほくと伸んびどてが太山平地洋だにがも、接地し小そ本のほ地区とをん訪どれがた山。地龍で泉あ洞るでが知、ら町れのし最てもい面た積2が月広7い日町、と岩さ手れ県る岩岩泉泉町町のは東岩日手本県大岩震泉災町か、ら小4本年地に区な。ろ本う州とで岩泉町小本仮設団地(2015年2月7日撮影)長崎基一さん被災地支援被災地支援まだ先が復興の目標は見通せないハードから住民自身の復興ソフトへ

元のページ  ../index.html#12

このブックを見る