Opera20号
13/16

ハ勝負ーでドす面。の復興にはめど   . しすはぎじてめいにる、よ海うにに近感いじ小ま本す川。右住民岸(が元自々主の的小に本集集ま落っ)をて訪なれにたか。決現め地てにも、 自今主年的はに雪動がい少てなもか仕っ方たがのなでく、な工っ事て、でも、あき教ら育めのがたつめかのな被く災て地、ガ浸イ水区域内でもド修を繕しすてれほばし住いめとるい家うを要残したままに望しがてあいりる、人同も年い末まかすら。被災地ガイドを開始した。――これか らそのの復ガ興イのドめのど一は人?でも分譲されあたり宅、地大に工は5を生年業以に内しにて家を建てなけきれたば長な崎ら基な一いさのんで。す震が災、仮設住宅にでいはる自人宅たもち家の族多もく無は事、だそのめどが立っってたい。るこはのず4で年す間。、「だオから、ある程レ度が方や針るを」決とめ言らっれてる小よ本うになるのは集、落早のく自て治こ会れ長かをら5務め年て先です。今、き仮設た住(震宅災に当い時るは人副た会ち長が)。自分の家を長建崎てさ、んそのれ案ぞ内れで自復分興たのち自身の生活進がむ落地ち区着内いをて巡かりらな、がやらっとこれから話のを話伺がっでたき。る段階に入るしかし、どこでも、行政が先走り みこでんのもな集、で落あ楽できし新らく築め菜さがれつ園たかや家な料はく理4て教軒、室で浸水す。区こ域こ内にで戸も建修を繕建すてれるばこ住とめにるし家たを残ほどのにめなどっがて立しっまていいまるしはたず。で来す年。にだか 菜園は、被災した翌年、町の土地5、6人でしたが、少しずつ参加者が増えています。ただ、独身男性はなかなか集まってくれません。以前は「うちが出なくても、だれから、さまざまな催しをしても半分も出てくれませんでした。震災後は人が少なくなって、しぶしぶでも出てくる人が増えました。草取りをしながら楽しくおしゃべりをしたり、収穫祭をしたり、採れた作物を料理ない人たちもそんな姿を見聞きして、少しでも元気になってくれたらいいなと思っています。なか教をどが室無も出で料利て使で用くっ借しれたりてるり上始」しげめとててま思い、しっま国(Pたてすのho。い。補t建設中の防潮堤●高さ約11mの防潮堤。津波を止めるのではなく、減勢建設中の防潮堤●高さ約11mの防潮堤。津波を止めるのではなく、減勢させo最ま参助関させて小本川に逃がすための施設。また、小本川右岸の堤防は、約3mて小本川に逃がすための施設。また、小本川右岸の堤防は、約3mの嵩上工初し加制幸貴の嵩上工事が行われていた。(2015年2月7日撮影)事が行われていた。はした度)11 JAPANESE ASSOCIATION OF OCCUPATIONAL THERAPISTS13 JAPANESE ASSOCIATION OF OCCUPATIONAL THERAPISTSグべした直らし復て興いのまスすピがー、ドそはれ格以段外には速予く定な通っりてでいすま。す堤が防、のそ嵩の上一げ方も、終みわんりな、地和の8盤でが年は悪のなく三い、陸で何津し回波ょも災う掘害か小本小学校避難階段●小本小学校の後ろの高っの。てそあ台までまっすぐ登ることのできる長さ約30m、ボとれ130段の避難階段。震災の2年前に完成。階ーにか段の下約2m地点まで津波が到達したが、児リくら童88名全員が無事避難することができた。ンがら着た々もとの工を事「は賛進成んしでていくるだ様さ子いだ」。といの住進民みはは分順断調さでれしてたい。く防だ潮け堤でだすけ。は昭―う―態工度事にはな順っ調てにい進まんすで。いこまれすでかは?、子寄どり自もは分の元の声気家がでを聞、「建こヤてえル、なベそくーれな、ぞヤるれルこ自ベと分ーをた」ち的 こにでこ高すに。齢住今者む、のこ仮集と設落を住に決宅なめにっていているしる人まおたい年ち、がのか直?に売な所るもの作はら、れ早まくすて。こしれかかしら結5果年先は―空―らいみ、たなあ土さる地ん程のの度一暮方部ら針にしを地は決元いめのから海がれ産でる物すようむむ人人仮はも設約含住43ま宅世れに帯てい。いる震る人災。た前ちのの4多分くのは1、そ直建してをてた建も人て空やなき破け家損れにしばなたなる家ら家をなが修いあ繕のりしで、てす住住が、はそ重の機意に見よをる聞杭か打なちくのて音、な行ど政がで響決きめ、ょはう、 か震分。災譲そ後されにれ以同た外じ宅は場地補所に修にはで新5すた年。に以た家内だをに、家落は49し―て世―前帯こ向にれきなかにっらなてのっい復たる興の。のでそめなのどいなはでか?しに1で6あ0ると世し帯てがも暮、ら親し子て関い係たもがひ、と現段在人 たし被ちた災はま前、ま、仕にこ方しのなてく集いある落き人にらもはめいおたまよ結す果そ。小本小学校●津波によって体育館は床上約1m、校舎は床上約10cm浸水した。耐震工事を終えたばかりだった。8kmほど上流からも多くの児童が通っていたので、「津波の来るところに子どもを預けたくない」との声が大きかったため、廃校になった。小本集落(小本川右岸側)●震災前は160世帯あった小本地区の中心だが、現在は高齢者を中心に43世帯が残る集落となった。中央の空き地には、地元の海産物を扱う産直店ができる予定。後ろに工事中の防潮堤が見える。(2016年2月11日撮影)建設中の防潮堤●高さ約11mの防潮堤。津波を止めるのではなく、減勢させて小本川に逃がすための施設。また、小本川右岸の堤防は、約3mの嵩上工事が行われていた。のれでて、い町ま並すみ。も新しく集団移転団地●小本川左岸の内陸部には、復興住宅の団地が造成された。小本小学校●津波によって体育館は床上約1m、校舎は床上約10cm浸水した。耐な戸建にかかる費用もあり、こちらは若い世代が中心。画面奥の復興道路り震工事を終えたばかりだった。8kmほど上流からも多くの児童が通っていたので、をくぐった先には、保育園や小中学校が新設され、一本道で安全に通学ま「津波の来るところに子どもを預けたくない」との声が大きかったため、廃校になった。しできる。(2016年2月11日撮影)小本駅周辺●三陸鉄道北リアス線の小本駅周辺では、三陸縦貫自動車道建設た。とともに大規模な宅地造成工事が行われていた。地で区力内をは合排わ水せ路るか住ら民全力てが直大しきてくい削るがちり自しと身てこのいれ生まか活すらが。の落話ちが着でいきてるか段ら階、にや入る寂とし菜自が園身っをのてや生いっ活またがすり落。料ちそ理着れ教いぞ室てれをか自やら分っ、たたやっ小本小学校避難階段●小本小学校の後ろの高台までまっすぐ登ることのできる長さ約30m、130段の避難階段。震災の2年前に完成。階段の下約2m地点まで津波が到達したが、児童88名全員が無事避難することができた。

元のページ  ../index.html#13

このブックを見る