協会からのお知らせ

生涯教育手帳の移行申請が始まりました。

協会からのお知らせ

生涯教育

今回が最後の移行申請期間です。該当する方は2023 年2 月28 日までに必ず申請をしてください。

移行申請期間の締め切り間近には申請が殺到し、手続きがしにくくなる可能性があります。
申請期間以降の申請は受け付けません。
早めに必要な書類を準備し、申請するように計画してください。


移行申請の手順

会員向け情報 > 生涯教育制度のページにある「手帳移行の運用」と「手帳移行の手順書」を確認のうえ、PC あるいはスマホにて会員ポータルサイトから手続きをしてください。

申請されたものは、事務局にて申請内容と写真データの照合確認を行います。
万が一内容が一致しないものは、写真をもとに申請内容を修正して事務局で登録をします。申請内容と写真データの内容が一致するかを確認のうえ、申請してください。

・研修会名が記載されているが受講印/シール欄に士会の印鑑の押印、受講シールが貼っていないものは移行できません。
・基礎コース修了更新前のポイント(更新時にポイントは0になり、50ポイント以上あってもそのポイントは繰り越せません)、2020 年4 月1 日以降の受講履歴(2019年度(2020年3月31日)までの受講履歴が移行対象となります)。


注意事項

●手帳移行申請は、原則1 回のみ。既に申請済みの会員は手続きできません。

●申請後、データが会員ポータルサイトに反映されるまでに、2 週間程度かかる場合があります。

●申請内容によっては、生涯教育手帳の郵送をお願いすることがありますので、手帳は申請後もしばらくは破棄しないでください。  

● 移行した基礎ポイントは、会員ポータルサイトにて「2020 年4 月1 日」として合計ポイント数を「基礎ポイント研修」のタブで表示・確認できます。

●未押印の受講履歴について:所属都道府県作業療法士会へ問い合わせに関する注意!
・手帳紛失時等、士会にて未押印対応する期間は既に終了していますが、協会より士会へ可能な範囲で対応をお願いする旨、連絡しています。
 必要に応じて所属士会へご相談ください(必ずしも対応を保証するものではありません)。  
・ 協会主催の学会・研修会については、ポイントシールの再発行等は行っておりませんので、ご了承ください。

●2021 年9 月末までに手帳移行申請し保留状態のままとなっている会員
・ 保留となっている方は、申請が完了しておりません。各自の会員ポータルサイト「お知らせ」を確認し、必要な対応をお願いします。
 2023 年3 月1 日時点で保留状態のまま手続きをされなかった方は、協会判断で移行を完了します。

●よくあるお問い合わせもご確認ください。 こちら

問合せ先:教育部 生涯教育委員会 E-mail:ot-syougaikyouiku☆jaot.or.jp(☆を@に変えて送信してください)