Close

ページの先頭です。

作業療法士ってどんな仕事?

HOME > 作業療法士ってどんな仕事?

作業療法士ってどんな仕事?

「作業療法」って?

「作業」ってなに? 作業療法士って、なにをするの?
作業療法士の仕事について、解説します。

  • だれでも、「作業」している。-作業って?

    文章「食べたり、入浴したり、人の日常生活に関わるすべての諸活動を「作業」と呼んでいます。 セルフケア (※着替え、トイレなど日常生活行為のこと) 家事 仕事 余暇 地域活動 「作業」は、あなたと社会をつなぐ「接点」です。」と社会の中にセルフケア、家事、仕事、余暇、地域活動が含まれていることを示した図が掲載された画像

  • 「作業」で、社会とつながる。-作業療法の対象

    文章「病気やけが、もしくは、生まれながらに障害がある人など、年齢に関係なく、日常の生活に支援が必要なすべての人が、社会とのつながりを「作業」を通じて作ります。 ■こころとからだを こころ‐総合失調症、気分(感情)障害… からだ‐脳卒中、脊髄損傷、高次脳機能障害 ■人生のあらゆるステージで 発達期‐脳性麻痺、注意欠陥・多動性障害、ダウン症候群… 高齢期‐認知症、骨・関節生涯  あなたも「作業療法」を必要とする時が来るかもしれません。」と 幼児から青年、中年、高齢者のこころとからだを表すイラストが掲載された画像

  • 3つの能力を維持・改善 -作業療法の目標

    文章「作業療法では、基本的な運動能力から、社会の中に適応する能力まで、3つの能力を維持、改善し、「その人らしい」生活の獲得を目標にします。 基本的動作能力 ‐運動や感覚・知覚、心肺や精神・認知などの心身機能 応用的動作能力 ‐食事やトイレ、家事など、日常で必要となる活動 社会的適応能力 ‐地域活動への参加、就労・就学  その人なりの、その人らしい生活を「作業」を通じて作っていきます。」と 基本的動作能力、応用的動作能力、社会的適応能力を表すイラストが掲載された画像

  • 病気やけがの初期段階で -急性期の作業療法

    文章「病気やけがの直後から、リハビリテーションを開始します。将来の生活を見越し、その時の症状にあわせて、こころとからだの基本的な機能の改善を援助するとともに、新たな機能の低下を予防します。 その人が必要とする生活行為の獲得を目指して ○自分で食べられるようになる練習 ○自分で住まいの中を移動できる練習 ○自分でトイレを使えるようになる練習 病気やけがの直後からの作業療法が高い効果を生みます。」と 作業療法士と車いすを使う老人のイラストが掲載された画像

  • 生活の方法の習得に向けて –回復期の作業療法

    文章「急性期の作業療法を経て、病気やけがの状態が安定し、より具体的な生活をイメージして機能や能力の改善を図ります。生活していくために必要な能力の開発や手段の獲得を通じて、人それぞれに応じた生活の方法を習得します。生活するために必要な能力の獲得を目指して ○服や靴の着脱をする練習○調理や掃除など家事の練習○買い物など外に出る練習 その人なりの生活の方法を一緒に考え、習得を支援します。」と 支援を必要とする男性と支援者の女性が向き合っているイラストが掲載された画像

  • 豊かに生きるために –生活期の作業療法

    文章「住み慣れた場所でその人なりの生活を送る支援をします。社会の中で、それぞれが生きがいを持ち、豊かに生きるための、生活の実現を図ります。社会の中で豊かに生きるための生活の実現を目指して ○散歩など、外に出る練習○地域コミュニティへの参加の援助○実際の仕事場に近い環境での就労の支援○自助具を使用して趣味やレジャーを楽しむ援助○その人にあった、より生活しやすい環境づくり 生きがいを持って、豊かに生きることを支援します。」と 右手に荷物、左手にバッグを持った女性をエスコートするように、その女性の腰に手を当て、一緒に歩く女性のイラストが掲載された画像

  • 社会の、あらゆる場所で –活動場所

    文章「医療や福祉・介護の現場はもちろん、保健・教育・職業領域など、社会活動の現場でも作業療法士は活躍しています。 医療‐病院/クリニック… 福祉‐障害者施設/児童福祉施設… 介護‐老人保健施設/デイケア… 保健‐保健所/地域包括支援センター… 職業関連‐就労支援事業施設/ハローワーク… 教育‐特別支援学校 あらゆる場所で、本人と社会との接点を作るため、「作業療法士」が活躍しています。」と 楕円形の中心Societyの文字とそれを取り囲むように保健、介護、医療、福祉、職業関連、教育のイラストと文字が配置されたイラストが掲載された画像

ページトップへ

はたらくことは、いきること

作業療法士が、一人ひとりとどう向き合い、
暮らしを取り戻す支援をするのかを追ったルポルタージュ。

リハビリテーション後の暮らしのイメージを共有する - 埼玉医科大学国際医療センター リハビリテーションセンター 鈴木真弓さんと、Oさん。

Oさんは、70歳。奥様と二人暮らし。埼玉医科大学国際医療センターのある日高市内の自宅敷地内にある、約20坪の家庭菜園での畑仕事を生きがいにしている。そんなOさんが埼玉医科大学国際医療センターに入院したのは、今年(2016年)4月のことだった。

リハビリテーション後の暮らしのイメージを共有するを見る

はたらくことは、いきること アーカイブ

OTのスゴ技(作業療法士)

作業療法士(OT)が、支援の現場で活用している
様々な技術やアイデアをご紹介。

ICTが、重度身体障害者の世界を広げる

身を横たえた女性。その眼は、机の上に置かれたパーソナルコンピュータ(PC)の画面を見つめている。かすかに、左手の親指だけを動かしている。「カチッ、カチッ」と、小さな音が時々聞こえてくる。「こんにちは」。PCの画面をのぞくと、あっという間に文章ができあがっていた。

ICTが、重度身体障害者の世界を広げるを見る

OTのスゴ技(作業療法士) アーカイブ

ページトップへ