Close

ページの先頭です。

作業療法士の支援を受ける

HOME > 作業療法士の支援を受ける

作業療法士の支援を受ける

協働する「作業療法士」

幅広い領域で、さまざまな専門職と一緒に。
作業療法士の「協働」について解説します。

  • 「作業療法」で、幅広く支えます。-作業療法の範囲

    文章「作業療法」は、日常生活から社会生活まで、幅広い領域で、「暮らしやすさ」を取り戻すための支援をしています。これらの領域における高い専門性をベースに、社会のさまざまな場所で、さまざまな専門職と協働しています。 作業療法の範囲 ○移動、食事、排泄、入浴等の日常生活活動に関するADL訓練 ○家事、外出等のIADL訓練 ○作業耐久性の向上、作業手順の習得、就労環境への適応等の職業関連活動の訓練 ○福祉用具の使用等に関する訓練 ○退院後の住環境への適応訓練 ○発達障害や高次脳機能障害に対するリハビリテーション 専門領域を深めながら、さまざまな現場で協働します。

  • 暮らしやすさを取り戻す、作り出す。-医療現場での協働

    文章「医療現場では「リハビリテーションチーム」の一員として、医師や看護師、理学療法士、言語聴覚士などと協働しながら、回復状態に応じて、基本的動作能力や応用的動作能力の改善、さらには社会的適応能力の獲得を促しながら、その人の「暮らしやすさ」を取り戻す、あるいは新たに作り出す支援をします。 症状や障害の回復状態にあわせた支援で、「暮らしやすさ」を取り戻し、作り出します。」と 車いすの人とそのまわりで医師や看護師らとともにリハビリを支援する作業療法士のイラストが掲載された画像

  • その人なりの「日常」を作り出す。-保健・福祉現場での協働

    文章「保健・福祉の現場では、保健師、ソーシャルワーカー、介護支援専門員(ケアマネジャー)、介護福祉士など多くの関連職種と協働しながら、高齢者の新たな疾病予防、健康増進の推進や、障害者の地域生活の向上を通じて、その人が、その人なりに日々の暮らしを送れるように、支援していきます。 高齢者の健康維持増進や、障害者の地域生活を支援します。」と 食事をする高齢者とそれを保健師や介護福祉士らとともに支援する作業療法士のイラストが掲載された画像

  • 子どもの成長を支援する。-教育現場での協働

    文章「教育の現場では、教師や療育機関と協働しながら、医療・福祉・教育の知識を活かして、運動や知的に発達の障害のある子どもの成長を支援し、将来的に地域の中で自立した生活を送るために必要な学びを得られる環境づくりを支援します。 障害のある子どもが、豊かに学べる環境づくりを支援します。」と 障害のある子どもとそのまわりで教師らとともに支援する作業療法士のイラストが掲載された画像

  • 仕事で自立を目指す。-企業・就労現場での協働

    文章「企業・就労現場では、病気や障害を持ちながらも仕事に就きたいと思っている人に対して、企業の人事担当者や就労支援を担当するジョブコーチ、就労支援施設担当者と協働しながら、その人の状況に合わせた働き方で就労の現場に適応し、継続して働くことができるような支援を行います。 やりがいを感じながら働き続けることのできる環境づくりを支援します。」と パソコンで作業をする障害者とそのまわりで支援する作業療法士らのイラストが掲載された画像

  • 地域の中に居場所を作る。

    文章「このように、作業療法士は、さまざまな領域での「協働」を通じて、障害のある人やこれから障害が予測される人たちに、地域の中での居場所を獲得し、いきいきと毎日を過ごすことのできる環境づくりを支援していきます。」と 車いすの人や高齢者、子どもらとさまざまな専門職の人たちとともにそれを見守る作業療法士のイラストが掲載された画像

ページトップへ

TEAM OT

さまざまな現場で、作業療法士はどんな役割を担うのか?
協働するチームの座談会で探ります。

高次脳機能障害を地域で、チームで支える - とちぎリハビリテーションセンター・笠原祐子さん

事故や病気などにより脳に損傷を受けることで発症する高次脳機能障害。各都道府県に高次脳機能障害支援拠点機関はあるがまだ支援に格差がある。支援ノウハウの蓄積や、支援体制を整備する必要性が高まっており、それぞれの地域にとって課題を抱えていることが多い障害だ。栃木県で、高次脳機能障害支援に取り組んでいるチームと、その中で働く作業療法士を訪ねた。

高次脳機能障害を地域で、チームで支えるを見る

TEAM OT アーカイブ

高次脳機能障害を地域で、チームで支える

作業療法士Q&A

こんな時、作業療法士ならどう考える?
現場で起こる「困りごと」に、専門の視点から答えます。

乳幼児検診、作業療法士の視点からのチェックポイントは?

乳幼児健診の企画・運営を担当しています。発達障害などの早期発見、早期療育への誘導、また保護者の子育て支援の観点から、乳幼児の健診に作業療法士の視点を導入したく思っています。作業療法士に参画いただく際の留意点について教えてください。

乳幼児検診、作業療法士の視点からのチェックポイントは?を見る

作業療法士Q&A アーカイブ

乳幼児検診、作業療法士の視点からのチェックポイントは?

ページトップへ