Close

ページの先頭です。

作業療法士ってどんな仕事?

HOME > 作業療法士ってどんな仕事? > OTのスゴ技(作業療法士)

OTのスゴ技(作業療法士)

認知症の人が住みやすい町は、誰もが住みやすい

「認知症の人たちにやさしい図書館づくり」の動きが、全国に広がってきている。仕掛け人である九州保健福祉大学教授で作業療法士の小川敬之さんに、話を聞いた。そこから飛び出してきたのは、図書館だけでなく、町全体を「認知症にやさしい」ものにしていこうという考え方、さらには地域を高齢者、障害者、そして誰にとっても住みやすいものにしていこうという構想だった。

認知症の人が住みやすい町は、誰もが住みやすいを見る

認知症の人が住みやすい町は、誰もが住みやすい

運転支援は、生活支援。クルマが、その人の世界を広げる

事故や病気で身体機能や認知機能に障害が残った人たちにとって、以前のように自動車が運転できるようになるかどうかは、その後の生活スタイルに大きく影響を与える、切実な問題だ。静岡県伊豆市にある「中伊豆リハビリテーションセンター」では、主に脊髄損傷や脳障害によって障害を受けた人たちを対象に、自動車の運転ができるようになるための支援を行っている。施設内には運転シミュレーターがあるだけでなく、実際に自動車を運転できるコースも設けられている。運転コースがある施設は全国でも珍しいという。中伊豆リハビリテーションセンターの作業療法士である生田純一さんに話を聞いた。

運転支援は、生活支援。クルマが、その人の世界を広げるを見る

運転支援は、生活支援。クルマが、その人の世界を広げる

筋電義手が、「人生の可能性」を広げる

四肢が欠損している人たちの暮らしを支援するツールとして、いわゆる「義手・義足」がある。「筋電電動義手(筋電義手)」とは聞き慣れない言葉だが、「義手・義足」の一種で、細かい動きができ、使用する人の意志を反映させやすいと、注目を集めている。この「筋電義手」に15年近く関わっている作業療法士がいると聞いて、兵庫県・神戸市西区を訪ねた。

筋電義手が、「人生の可能性」を広げるを見る

筋電義手が、「人生の可能性」を広げる

福祉用具が、子どもの「育ち」を支援する

「福祉用具」と聞くと、高齢者、あるいは成人の障害者向けに作られるものをイメージする人が多いのではないだろうか。しかし、障害のある子どもたちにとっても、福祉用具は同じように、あるいはそれ以上に重要だという。今回は、福祉用具を活用して子どもの発達を支援する作業療法士の姿を追った。

福祉用具が、子どもの「育ち」を支援するを見る

福祉用具が、子どもの「育ち」を支援する

ICTが、重度身体障害者の世界を広げる

身を横たえた女性。その眼は、机の上に置かれたパーソナルコンピュータ(PC)の画面を見つめている。かすかに、左手の親指だけを動かしている。「カチッ、カチッ」と、小さな音が時々聞こえてくる。「こんにちは」。PCの画面をのぞくと、あっという間に文章ができあがっていた。

ICTが、重度身体障害者の世界を広げるを見る

ICTが、重度身体障害者の世界を広げる
1 / 212

ページトップへ