Close

ページの先頭です。

作業療法士ってどんな仕事?

HOME > 作業療法士ってどんな仕事? > はたらくことは、いきること

はたらくことは、いきること

「アルコールを飲まない暮らし」を、実感してもらう。 -久里浜医療センター・杉山和美さんと、患者たち

飲酒行動がコントロールできず、社会生活に問題が生じ、最終的にはアルコールが身体も蝕んでしまうまで飲酒を続けてしまう「アルコール依存症」。日本ではじめて専門病棟を設置した久里浜医療センターを取材すると、アルコール依存症に悩む患者は、決して特別な存在ではないこと、それだけにアルコール依存症を克服することの難しさがわかる。久里浜医療センターで、アルコール依存症治療の支援をする作業療法士に取材した。

「アルコールを飲まない暮らし」を、実感してもらう。を見る

「アルコールを飲まない暮らし」を、実感してもらう。

「本当のニーズ」に出会う現場、訪問リハビリテーション -在宅総合ケアセンター元浅草 澤潟(おもだか)昌樹さん、奈良 恵美さん

作業療法士が自宅を訪問し、その人の暮らしをより「その人らしい」ものにするための支援を行う「訪問リハビリテーション」。「暮らしの現場」でその人のニーズを引き出す、作業療法士の本領が試される。訪問リハビリテーションの現場とそこで働く作業療法士の姿を見てきた。

「本当のニーズ」に出会う現場、訪問リハビリテーションを見る

「本当のニーズ」に出会う現場、訪問リハビリテーション

作文をきっかけに「学び」の環境を整える -北海道教育大学札幌校特別支援教育専攻・講師 池田千紗さん

北海道教育大学特別支援教育専攻で講師を務める池田千紗さんは、教員養成のかたわら、札幌近郊の小学校からの相談を受け、作業療法士としての経験や、研究者としての知見を活かし、児童・生徒の学習や教育環境についての相談・支援を行っている。一つの事例を通じて、「学び」の場における作業療法士の役割について見てみたい。

作文をきっかけに「学び」の環境を整えるを見る

作文をきっかけに「学び」の環境を整える

どこにいても、その人らしく暮らしてもらうために -いきいき福祉ネットワークセンター 駒井由起子さんと、若年性認知症の人

認知症の中でも、65歳未満の人の認知症を「若年性認知症」という。患者数が少ないせいもあってか、「若年性認知症」という病気は、まだあまり知られておらず、支援体制も整っていないという。若年性認知症の支援を行う「若年性認知症支援コーディネーター」として活動する作業療法士の姿を追った。

どこにいても、その人らしく暮らしてもらうためにを見る

どこにいても、その人らしく暮らしてもらうために

リハビリテーション後の暮らしのイメージを共有する -埼玉医科大学国際医療センター リハビリテーションセンター 鈴木真弓さんと、Oさん。

Oさんは、70歳。奥様と二人暮らし。埼玉医科大学国際医療センターのある日高市内の自宅敷地内にある、約20坪の家庭菜園での畑仕事を生きがいにしている。そんなOさんが埼玉医科大学国際医療センターに入院したのは、今年(2016年)4月のことだった。

リハビリテーション後の暮らしのイメージを共有するを見る

リハビリテーション後の暮らしのイメージを共有する
1 / 212

ページトップへ