Close

ページの先頭です。

作業療法士ってどんな仕事?

HOME > 作業療法士ってどんな仕事? > はたらくことは、いきること

はたらくことは、いきること

住民主体の「支え合い」に作業療法士の視点でかかわる -新潟市地域包括ケア推進モデルハウス「にしかんの茶の間」

地域住民の居場所「地域の茶の間」。新潟市で行われている地域の支え合いのしくみづくりに参画している作業療法士がいる。

続きを読む

住民主体の「支え合い」に作業療法士の視点でかかわるを見る

住民主体の「支え合い」に作業療法士の視点でかかわる

医療の現場でできる就労支援の場を、作業療法士がつくる -鹿教湯三才山リハビリテーションセンター 鹿教湯病院

働き盛りの年代の脳血管疾患患者にとって課題となる「就労」。病院内に、就労を支援する「場」をつくることで、課題を解決しようとする作業療法士がいる。

続きを読む

医療の現場でできる就労支援の場を、作業療法士がつくるを見る

医療の現場でできる就労支援の場を、作業療法士がつくる

「畑の作業療法」が、人のやりがいや生きがいを作る -医療法人財団緑秀会 田無病院

作業療法に農作業を取り入れている作業療法士がいる。「何かを作る」こと、そして「作ったものが、誰かを喜ばせること」が、その人のやりがいや生きがいを作り出し、高い効果を上げているという。

続きを読む

「畑の作業療法」が、人のやりがいや生きがいを作るを見る

「畑の作業療法」が、人のやりがいや生きがいを作る

誰だって、きれいな髪で、さっぱりと暮らしたい -兵庫医科大学ささやま医療センター リハビリテーション室・山下妙子さん

「髪を切る」ことは、単に清潔にしておくというだけでなく、日々の暮らしに区切りを与え、気分をリフレッシュさせてくれる。寝たきりで自宅で暮らす高齢者や障害者であっても、そうした「髪を切る」ことのもつ意味は変わらないはずだ。高齢者・障害者の自宅に理美容師が訪問する事業を支える作業療法士の姿を追った。

続きを読む

誰だって、きれいな髪で、さっぱりと暮らしたいを見る

誰だって、きれいな髪で、さっぱりと暮らしたい

「住まい」から地域につなげる、暮らしを作る -訪問看護ステーションKAZOC・渡邊乾さん

東京・池袋で、路上生活者の地域生活再建を支援している作業療法士がいる。「訪問看護ステーションKAZOC(かぞっく)」では、6人の作業療法士が、看護師やソーシャルワーカーとともに、およそ40人の、路上生活経験者に対して訪問看護を行っている。路上生活経験者の地域での「暮らしづくり」を支える作業療法士の姿を追った。

続きを読む

「住まい」から地域につなげる、暮らしを作るを見る

「住まい」から地域につなげる、暮らしを作る
1 / 41234

ページトップへ