Close

ページの先頭です。

作業療法士ってどんな仕事?

HOME > 作業療法士ってどんな仕事? > はたらくことは、いきること

はたらくことは、いきること

誰だって、きれいな髪で、さっぱりと暮らしたい -兵庫医科大学ささやま医療センター リハビリテーション室・山下妙子さん

「髪を切る」ことは、単に清潔にしておくというだけでなく、日々の暮らしに区切りを与え、気分をリフレッシュさせてくれる。寝たきりで自宅で暮らす高齢者や障害者であっても、そうした「髪を切る」ことの持もつ意味は変わらないはずだ。高齢者・障害者の自宅に理美容師が訪問する事業を支える作業療法士の姿を追った。

誰だって、きれいな髪で、さっぱりと暮らしたいを見る

誰だって、きれいな髪で、さっぱりと暮らしたい

「住まい」から地域につなげる、暮らしを作る -訪問看護ステーションKAZOC・渡邊乾さん

東京・池袋で、路上生活者の地域生活再建を支援している作業療法士がいる。「訪問看護ステーションKAZOC(かぞっく)」では、6人の作業療法士が、看護師やソーシャルワーカーとともに、およそ40人の、路上生活経験者に対して訪問看護を行っている。路上生活経験者の地域での「暮らしづくり」を支える作業療法士の姿を追った。

「住まい」から地域につなげる、暮らしを作るを見る

「住まい」から地域につなげる、暮らしを作る

いきいきと暮らすための服づくり -三井会神代病院・恒松伴典さん、一般社団法人服は着る薬・鶴丸礼子さん

自分の身を守ると同時に、自分を表現する「道具」でもある服。一番身近で、一番長く生活をともにするものであり、その人の生活の質を左右することもあるが、その重要性はなかなか認識されていない。障害のある人の服作りに取り組む一般社団法人「服は着る薬」代表・鶴丸礼子さんと、鶴丸さんの活動に作業療法士の視点で関わる、恒松伴典さんを追った。

いきいきと暮らすための服づくりを見る

いきいきと暮らすための服づくり

体と心の痛みを取り、最期までその人らしいくらしを支える -かとう内科並木通り診療所・内田有紀さんと、終末期医療

終末期医療におけるリハビリテーションには、いったいどんな役割があるのだろうか。回復することだけを目指すのではなく、患者の「その人らしさ」を、最後まで支える作業療法士の関わりを追った。

体と心の痛みを取り、最期までその人らしいくらしを支えるを見る

体と心の痛みを取り、最期までその人らしいくらしを支える

この声が、いまの自分の声なんです -東京都立神経病院・本間武蔵さんと、「マイボイス」ユーザー

ALS(筋萎縮性側索硬化症)患者にとって、人工呼吸器装着の「その後の人生」をどう生きることができるのかは、大きな課題だ。「声」をテーマに、ALS患者のその人らしい生き方を支援する作業療法士の姿を追った。

この声が、いまの自分の声なんですを見る

この声が、いまの自分の声なんです
1 / 3123

ページトップへ