Close

ページの先頭です。

作業療法士の支援を受ける

TEAM OT

認知症の方が、地域で、家族と暮らすために -前橋市認知症初期集中支援チーム・山口智晴さん

認知症になっても、その人らしく地域の中で暮らし続けることができるために、さまざまな取り組みが行われている。「認知症初期集中支援チーム」は、認知症が疑われる段階から積極的に支援に関わることで、認知症当事者が地域で暮らし続けることを支援するための、多職種による取り組みだ。この取り組みにおける作業療法士の役割を探る。

認知症の方が、地域で、家族と暮らすためにを見る

認知症の方が、地域で、家族と暮らすために

「暮らしの場」、放課後児童クラブで、育ちを支える -川崎リハビリテーション学院・森川芳彦さん

発達障害児への支援が推進されている。早期の療育がその後の人生に大きな影響を与えるというが、学校などの教育現場だけでなく「生活の場」でも、発達障害のある子どもたちとの関わりの重要性が増している。放課後児童クラブの職員と、作業療法士が連携して、「生活の場」から子どもの育ちを支援する取り組みが、岡山県で行われている。

「暮らしの場」、放課後児童クラブで、育ちを支えるを見る

「暮らしの場」、放課後児童クラブで、育ちを支える

地域がチーム。「精神科アウトリーチ」と作業療法士 -国保旭中央病院・片倉知雄さん

精神障害者が地域で安心して暮らすために、病院がチームを組んで患者を支え、早期退院・地域移行を促す取り組みが、千葉県で行われている。「精神科アウトリーチ」のチームと、その中で働く作業療法士を訪ねた。

地域がチーム。「精神科アウトリーチ」と作業療法士を見る

地域がチーム。「精神科アウトリーチ」と作業療法士

高次脳機能障害を地域で、チームで支える -とちぎリハビリテーションセンター・笠原祐子さん

事故や病気などにより脳に損傷を受けることで発症する高次脳機能障害。各都道府県に高次脳機能障害支援拠点機関はあるがまだ支援に格差がある。支援ノウハウの蓄積や、支援体制を整備する必要性が高まっており、それぞれの地域にとって課題を抱えていることが多い障害だ。栃木県で、高次脳機能障害支援に取り組んでいるチームと、その中で働く作業療法士を訪ねた。

高次脳機能障害を地域で、チームで支えるを見る

高次脳機能障害を地域で、チームで支える

がんの「その後」を、生きていくために -東大宮訪問看護ステーション・星野 暢(みちる)さん

検査の精度や治療技術の向上によって、「がん」は必ずしも不治の病とは言えなくなってきている。過酷な治療や手術を経た彼らは「がんサバイバー」と呼ばれる。彼らの手術後の生活を支える訪問看護チームと、そこで中心的な役割を担う作業療法士の活動を紹介する。

がんの「その後」を、生きていくためにを見る

がんの「その後」を、生きていくために
1 / 3123

ページトップへ