Close

ページの先頭です。

作業療法士の支援を受ける

TEAM OT

患者の気持ちを専門的視点から受け止め、その人らしい義手づくり -川崎医療福祉大学・妹尾勝利さん

義肢装具づくりには、専門職である義肢装具士はもちろん、医師やリハビリテーション職など様々な人が関わる。その中で、作業療法士が果たす役割とは、いったいどんなものだろうか。

続きを読む

患者の気持ちを専門的視点から受け止め、その人らしい義手づくりを見る

患者の気持ちを専門的視点から受け止め、その人らしい義手づくり

チームのつなぎ役になれるのが、作業療法士 -大阪発達総合療育センター・黒澤淳二さん

脳損傷により運動機能に障害が残った「脳性まひ」の子どもに対するリハビリテーションには、医師をはじめさまざまな職種がチームとなって関わる。チームの中で作業療法士が果たす役割とは、どんなものなのだろうか。

続きを読む

チームのつなぎ役になれるのが、作業療法士を見る

チームのつなぎ役になれるのが、作業療法士

循環器疾患の人たちの地域生活を支える -訪問看護ステーション花あかり・村井達彦さん

「心臓リハビリテーション」という聞きなれない言葉がある。循環器疾患で入院した患者のリハビリテーションだが、近年、地域で生活する循環器疾患の患者に対する心臓リハビリテーションが注目を集めている。この取り組みにおける作業療法士の役割を探る。

続きを読む

循環器疾患の人たちの地域生活を支えるを見る

循環器疾患の人たちの地域生活を支える

認知症の方が、地域で、家族と暮らすために -前橋市認知症初期集中支援チーム・山口智晴さん

認知症になっても、その人らしく地域の中で暮らし続けることができるために、さまざまな取り組みが行われている。「認知症初期集中支援チーム」は、認知症が疑われる段階から積極的に支援に関わることで、認知症当事者が地域で暮らし続けることを支援するための、多職種による取り組みだ。この取り組みにおける作業療法士の役割を探る。

続きを読む

認知症の方が、地域で、家族と暮らすためにを見る

認知症の方が、地域で、家族と暮らすために

「暮らしの場」、放課後児童クラブで、育ちを支える -川崎リハビリテーション学院・森川芳彦さん

発達障害児への支援が推進されている。早期の療育がその後の人生に大きな影響を与えるというが、学校などの教育現場だけでなく「生活の場」でも、発達障害のある子どもたちとの関わりの重要性が増している。放課後児童クラブの職員と、作業療法士が連携して、「生活の場」から子どもの育ちを支援する取り組みが、岡山県で行われている。

続きを読む

「暮らしの場」、放課後児童クラブで、育ちを支えるを見る

「暮らしの場」、放課後児童クラブで、育ちを支える
1 / 3123

ページトップへ