Close

ページの先頭です。

作業療法士の支援を受ける

TEAM OT

高次脳機能障害を地域で、チームで支える -とちぎリハビリテーションセンター・笠原祐子さん

事故や病気などにより脳に損傷を受けることで発症する高次脳機能障害。各都道府県に高次脳機能障害支援拠点機関はあるがまだ支援に格差がある。支援ノウハウの蓄積や、支援体制を整備する必要性が高まっており、それぞれの地域にとって課題を抱えていることが多い障害だ。栃木県で、高次脳機能障害支援に取り組んでいるチームと、その中で働く作業療法士を訪ねた。

高次脳機能障害を地域で、チームで支えるを見る

高次脳機能障害を地域で、チームで支える

がんの「その後」を、生きていくために -東大宮訪問看護ステーション・星野 暢(みちる)さん

検査の精度や治療技術の向上によって、「がん」は必ずしも不治の病とは言えなくなってきている。過酷な治療や手術を経た彼らは「がんサバイバー」と呼ばれる。彼らの手術後の生活を支える訪問看護チームと、そこで中心的な役割を担う作業療法士の活動を紹介する。

がんの「その後」を、生きていくためにを見る

がんの「その後」を、生きていくために

食事の楽しみは、いのちの喜び。「食べる」を、チームで支える。 -下伊那赤十字病院・「摂食・嚥下」チーム

神経難病患者の「生活の質」をできるだけ向上させていくために、作業療法士を含む地域における在宅支援チームには何ができるのか。東京都杉並区で神経難病患者の訪問看護を行う作業療法士とそのチームに話を聞いた。

食事の楽しみは、いのちの喜び。「食べる」を、チームで支える。を見る

食事の楽しみは、いのちの喜び。「食べる」を、チームで支える。

神経難病患者の在宅生活を支援する作業療法士 -りんご訪問看護ステーション 佐郷谷義明さん

神経難病患者の「生活の質」をできるだけ向上させていくために、作業療法士を含む地域における在宅支援チームには何ができるのか。東京都杉並区で神経難病患者の訪問看護を行う作業療法士とそのチームに話を聞いた。

神経難病患者の在宅生活を支援する作業療法士を見る

神経難病患者の在宅生活を支援する作業療法士

がん患者の「生活の質」を高める、緩和ケアチームで働く作業療法士 -大阪府済生会富田林病院・緩和ケアチーム 島崎寛将さん

がん医療の分野で近年注目を集めている「緩和ケア」。がん患者の苦痛をやわらげるだけでなく、患者家族の不安に対してもケアを行うことで、患者とその家族の「生活の質」を向上させることを目的として、医療的・福祉的・心理的なケアが行われる「緩和ケア」の現場で活躍する作業療法士がいるという。その役割とはいったい、どんなものだろうか?

がん患者の「生活の質」を高める、緩和ケアチームで働く作業療法士を見る

がん患者の「生活の質」を高める、緩和ケアチームで働く作業療法士
1 / 212

ページトップへ