Close

ページの先頭です。

作業療法士になるには

HOME > 作業療法士になるには > こんなところで!作業療法士

こんなところで!作業療法士

「災害後の暮らし」を支える作業療法 -中野皓介さん(摂津市保健センター)

2011年の東日本大震災以降、日本全国で災害に対する備え、あるいは災害からの復旧・復興のための体制づくりの重要性に注目が集まっている。自ら大事故に巻き込まれた経験を持ち、被災地で避難生活の支援を行った作業療法士に、災害時の作業療法士の役割について聞いた。

「災害後の暮らし」を支える作業療法を見る

「災害後の暮らし」を支える作業療法

犯した罪と向き合うことを支援する作業療法士 -播磨社会復帰促進センター

受刑者の中には、少なからずの割合で知的障害、精神障害のある方がおり、刑務所での生活に課題をかかえていたり、出所後、社会にうまく適合することが出来ず、罪を重ねてしまう方がいる。官民共同運営による新しい刑務所では、受刑者が自分と向き合うことを支援し、再犯防止につなげている。

犯した罪と向き合うことを支援する作業療法士を見る

犯した罪と向き合うことを支援する作業療法士

子どもの「困ってる」も、先生の「困ってる」も、作業療法の視点で支援する -澤田麻里さん(認定こども園 清教学園幼稚園)

作業療法士の視点は、医療や福祉の現場だけに役立つものではない。幼稚園園長として働く澤田麻里さんは、作業療法士の資格を持ち、また特別支援学校の教員の経歴もある。作業療法士の視点を活かした「育ちの場」づくりについて取材した。

子どもの「困ってる」も、先生の「困ってる」も、作業療法の視点で支援するを見る

子どもの「困ってる」も、先生の「困ってる」も、作業療法の視点で支援する

「違って当たり前」という意識を知った、タイでの経験 -渡邊邦夫さん

文化や環境が異なれば、そこで行われる「作業療法」の形も異なる。その「多様性」を知っていることは、日本で作業療法を行う場合にも、貴重だ。タイの大学で作業療法士教育の現場を目にし、体験してきた作業療法士を紹介する。

「違って当たり前」という意識を知った、タイでの経験を見る

「違って当たり前」という意識を知った、タイでの経験

作業療法を通じて、文化の違いを体感する -大塚進さん

「作業療法」は、英語では「Occupational Therapy」と呼ばれる。作業療法士は世界中にいる、国際的な職能だ。日本で作業療法の資格を取り、世界各国で活躍する作業療法士も少なくない。ここでは、東南アジア、タイとミャンマーで、作業療法士としてのスキルを活かし、活躍した経験のある作業療法士を紹介する。

作業療法を通じて、文化の違いを体感するを見る

作業療法を通じて、文化の違いを体感する
1 / 3123

ページトップへ