Close

ページの先頭です。

作業療法士になるには

HOME > 作業療法士になるには > こんなところで!作業療法士

こんなところで!作業療法士

「働きたい人」を、周囲の環境も含めて支援する -医療法人社団KNI 北原国際病院 就労支援室

なんらかの疾患により働くことができなくなった人が、再び働くことができるようになるには、その人自身が能力や機能を回復させることも重要だが、同時に職場や仕事内容の調整をすることが欠かせない。脳血管系の疾患から就労を目指す人たちを支援する作業療法士の「就労支援室」の取り組みについて取材した。

「働きたい人」を、周囲の環境も含めて支援するを見る

「働きたい人」を、周囲の環境も含めて支援する

認知症の方が、地域の中でよりよく生活をするために -訪問看護ステーション ユニネット・まちかど 森奈奈さん

「認知症対応型カフェ(以下『認知症カフェ』)」をご存じだろうか? 認知症の方とその家族を中心に、当事者や家族同士、地域の方々、あるいは医療・福祉の専門職との出会いの場、交流の場として、近年注目されている取り組みだ。認知症カフェに携わる作業療法士を取材した。

認知症の方が、地域の中でよりよく生活をするためにを見る

認知症の方が、地域の中でよりよく生活をするために

「へき地」の健康と暮らしをつくる作業療法士 -只見町介護老人保健施設「こぶし苑」

都心部から離れ、医療・福祉の体制にも多くの課題のある離島や山間部の「へき地」などで働く作業療法士は、いったいどんな活動をしているのだろうか? そのような場所で作業療法士に求められる役割とは、どんなものなのだろうか? 今回は福島県只見町で活動する3人の作業療法士の姿を追った。

「へき地」の健康と暮らしをつくる作業療法士を見る

「へき地」の健康と暮らしをつくる作業療法士

地域移行は、コーヒーを自分で入れることからはじまる -医療法人社団じうんどう 慈雲堂病院

東京都練馬区の「医療法人社団じうんどう 慈雲堂病院」。1929年(昭和4年)に開設され、以来80年以上の長きにわたり、精神科医療の草分け的存在として精神病患者の治療と社会復帰に尽力してきた。現在は入院、外来、デイケア、訪問看護など幅広く、地域の医療ニーズに応えている。

地域移行は、コーヒーを自分で入れることからはじまるを見る

地域移行は、コーヒーを自分で入れることからはじまる

地域が主人公、作業療法士が支える「健康づくり」 -津山市役所

岡山県津山市で実施されている「こけないからだ講座」。主に高齢者を対象に、重りをつけ、童謡などを歌いながらゆっくりと体を動かすことで、転倒しない体をつくろうという運動プログラムだ。

地域が主人公、作業療法士が支える「健康づくり」を見る

地域が主人公、作業療法士が支える「健康づくり」
1 / 212

ページトップへ