Close

ページの先頭です。

作業療法士になるには

HOME > 作業療法士になるには > こんなところで!作業療法士

こんなところで!作業療法士

自助具づくりを知識と技能で支援する作業療法士 -一般社団法人京都府作業療法士会 自助具専門アドバイザーOTチーム・松井善也さん

高齢・障害などで体に不自由がある人の生活の自立を支援する一つの手段として「自助具」がある。京都でボランティアが取り組んでいる自助具づくりを、専門の知識と技能で支える作業療法士に話を聞いた。

続きを読む

自助具づくりを知識と技能で支援する作業療法士を見る

自助具づくりを知識と技能で支援する作業療法士

自動車の運転支援を、地域で考える -鍵野将平さん(琴の浦リハビリテーションセンター)

病気やけがで運転が困難になった人をどう支えるのか。特に公共交通機関が少ない地域では、大きな課題となっている。和歌山県である作業療法士がはじめた「草の根」の動きが広がりを見せ、地域を巻き込んだ大きな流れをつくろうとしている。

続きを読む

自動車の運転支援を、地域で考えるを見る

自動車の運転支援を、地域で考える

「災害後の暮らし」を支える作業療法 -中野皓介さん(摂津市保健センター)

2011年の東日本大震災以降、日本全国で災害に対する備え、あるいは災害からの復旧・復興のための体制づくりの重要性に注目が集まっている。自ら大事故に巻き込まれた経験を持ち、被災地で避難生活の支援を行った作業療法士に、災害時の作業療法士の役割について聞いた。

続きを読む

「災害後の暮らし」を支える作業療法を見る

「災害後の暮らし」を支える作業療法

犯した罪と向き合うことを支援する作業療法士 -播磨社会復帰促進センター

受刑者の中には、少なからずの割合で知的障害、精神障害のある方がおり、刑務所での生活に課題をかかえていたり、出所後、社会にうまく適合することが出来ず、罪を重ねてしまう方がいる。官民共同運営による新しい刑務所では、受刑者が自分と向き合うことを支援し、再犯防止につなげている。

続きを読む

犯した罪と向き合うことを支援する作業療法士を見る

犯した罪と向き合うことを支援する作業療法士

子どもの「困ってる」も、先生の「困ってる」も、作業療法の視点で支援する -澤田麻里さん(認定こども園 清教学園幼稚園)

作業療法士の視点は、医療や福祉の現場だけに役立つものではない。幼稚園園長として働く澤田麻里さんは、作業療法士の資格を持ち、また特別支援学校の教員の経歴もある。作業療法士の視点を活かした「育ちの場」づくりについて取材した。

続きを読む

子どもの「困ってる」も、先生の「困ってる」も、作業療法の視点で支援するを見る

子どもの「困ってる」も、先生の「困ってる」も、作業療法の視点で支援する
1 / 3123

ページトップへ