Close

ページの先頭です。

作業療法士になるには

HOME > 作業療法士になるには > 私のスタートライン

私のスタートライン

患者さんとも、先輩・同僚とも「よいコミュニケーション」が一番大切 -太田西ノ内病院・佐久間育美さん

福島県郡山市の太田西ノ内病院に勤務する作業療法士、佐久間育美さん。リハビリテーションの仕事で大切なのは、「コミュニケーション」と「関係性づくり」だと言う。

続きを読む

患者さんとも、先輩・同僚とも「よいコミュニケーション」が一番大切を見る

患者さんとも、先輩・同僚とも「よいコミュニケーション」が一番大切

「患者さんに育てられた」ことを実感した3年間 -平塚共済病院・菅里紗子さん

神奈川県平塚市にある平塚共済病院の作業療法士、菅里紗子さん。この3年間、作業療法士としての菅さんを成長させてくれたのは、患者だったという。

続きを読む

「患者さんに育てられた」ことを実感した3年間を見る

「患者さんに育てられた」ことを実感した3年間

人と関わることで、自分も成長する -いずみ記念病院・西村萌々子さん

東京都足立区にあるいずみ記念病院の作業療法士、西村萌々子さん。作業療法士の仕事を通じて、人と関わり、「その人らしさ」と向き合う毎日が、西村さん自身を成長させてくれるのだという。

続きを読む

人と関わることで、自分も成長するを見る

人と関わることで、自分も成長する

まず、その人と話してごらん -千葉みなとリハビリテーション病院・永山智瑛さん

千葉県千葉市にある千葉みなとリハビリテーション病院リハビリテーション科で作業療法士として働く永山智瑛さん。「人好きだけど、緊張しい」な永山さんが、リラックスして患者と向き合い、人と人との関係性を作ることができるようになったきっかけは、実習の時に担当の先生からかけられた言葉だったという。

続きを読む

まず、その人と話してごらんを見る

まず、その人と話してごらん

「あこがれ」から目指した作業療法士 -メディカルトピア草加病院・貝瀬花菜さん

埼玉県草加市にあるメディカルトピア草加病院。リハビリテーション科で作業療法士として働く貝瀬花菜さんは、高校生の時に打ち込んでいたバレーボールがきっかけで、作業療法士を目指すことになったという。「あこがれ」の職業をめざし、学んだ日々について話を聞いた。

続きを読む

「あこがれ」から目指した作業療法士を見る

「あこがれ」から目指した作業療法士
1 / 41234

ページトップへ