Close

ページの先頭です。

養成教育

HOME > 養成教育 > 養成教育委員会

養成教育委員会

2019年度教育関係資料調査
 調査その1(対象:大学・短期大学・専門学校) 回答フォームはこちら
 調査その2(対象:大学院)          回答フォームはこちら

 

第46回理学療法士・作業療法士・言語聴覚士養成施設教員等講習会(平成31年3月29日)

第54回作業療法士国家試験の「適切でないと思われる問題」のご指摘等について
 
    第54回作業療法士国家試験 養成校WEB
 ※厚生労働省へ意見書を提出しました。(2019年3月4日)



 [厚生労働省]理学療法士作業療法士養成施設指導ガイドライン/理学療法士作業療法士臨床実習指導者講習会の開催指針
厚生労働省から通知がございました。ご確認ください。

作業療法士養成教育モデル・コア・カリキュラム2018 パブリック・コメントの募集について

MTDLP推進協力校について

「作業療法士の養成教育に係る諮問書」 (平成24年10月20日)

「作業療法士の養成教育に係る諮問事項に対する答申書」 (平成24年12月15日)

 【別添1】「作業療法教育ガイドライン(案)」(平成24年12月15日)
 【別添2】「理学療法士作業療法士学校養成施設指定規則および理学療法士作業療法士学校養成施設指導要領(改定案)」 (平成24年12月15日)

 

「作業療法教育の最低基準」の改訂にあたって (2019年3月)
 2003年10月、当協会は作業療法士教育の水準の維持・向上を目指し、「作業療法士教育の最低基準」(以下、最低基準)を策定した。この最低基準には、定期的に見直しを行うことが定められている。掲載のものは2018年8月の理事会で(一社)日本作業療法士協会「作業療法士教育の最低基準」(改訂第4.1版)・世界作業療法士連盟(WFOT)「作業療法士教育の最低基準」2016年改訂版(日本語翻訳版)として承認を受けた。

本文:(一社)日本作業療法士協会「作業療法士教育の最低基準」改訂第4.1版
本文:世界作業療法士連盟(WFOT)「作業療法士教育の最低基準」2016年改訂版   (日本語翻訳版)
資料
資料1.1 理学療法士作業療法士学校養成施設指定規則(改正)
資料1.2 理学療法士作業療法士養成施設指導ガイドライン
資料2.一般社団法人 日本作業療法士協会 倫理要綱.
資料3.一般社団法人 日本作業療法士協会「作業療法士教育の最低基準」改訂第3版と改訂4.1版対照表

一括PDFはこちら
正誤表

 

「作業療法士教育の最低基準」の改訂にあたって(改訂第3版)

 平成15年10月、当協会は作業療法士教育の水準の維持・向上を目指し、「作業療法士教育の最低基準」(以下、最低基準)を策定した。この最低基準には、定期的に見直しを行うことが定められている。掲載のものは平成24年12月の理事会で「作業療法士教育の最低基準」(改訂第3版)として承認を受けた。

 本文:(一社)日本作業療法士協会「作業療法士教育の最低基準」改訂第3版
 資料1.2:理学療法士作業療法士学校養成施設 指定規則・指導要領
   資料3:一般社団法人日本作業療法士協会 倫理綱領
 資料4:対照表

参考資料
 「作業療法士教育の最低基準」改訂第2版
 作業療法士教育の最低基準2002年改訂版(冊子)

ページトップへ

会員ポータルサイト

施設・養成校管理システム

会員証について

Search

カテゴリー

アーカイブ