Close

ページの先頭です。

刊行物

HOME > 刊行物 > 学術誌編集委員会

学術誌編集委員会

お知らせ

  • 学術誌『作業療法』掲載記事『特別講座』4編を掲載しました(18.10.5)
  • 学術誌『作業療法』掲載記事『特別講座』3編を掲載しました(18.8.15)
  • 学術誌『作業療法』掲載記事「臨床研究講座」第8回を掲載しました(18.4.16)
  • 学術誌『作業療法』執筆要領が更新されました(18.2.15)
  • Asian Journal of Occupational Therapy Author’s Guide を更新しました(17.2.10)
  • Asian Journal of Occupational Therapy に査読システムが導入されました(16.4.1)

 

<学術誌『作業療法』>

 

  投稿に関する資料
    ・査読においてどのような点を確認しているか
    ・学術誌『作業療法』への投稿状況と投稿者の倫理
    ・学術誌『作業療法』への投稿論文の傾向と査読方針
    ・サンプルサイズと効果量について

 【JCOPYへの委託とMedical Finderへの公開および学協会著作権ポリシーデータベースへの登録について

 【臨床教育講座 臨床家のための実践と報告のすすめ:入門編】
  第1回 「作業療法記録・報告文書の書き方」
  第2回 「事例報告と効果判定のまとめ方」
  第3回 「身体障害編」
  第4回 「精神障害編」
  第5回 「発達障害編:プロフェッショナルへの第一歩」
  第6回 「高齢期編」

 【臨床教育講座 臨床家のための研究のすすめ:実践編】
  第1回 「リサーチ・クエスチョンを作る」
  第2回 「事例報告を書くための理論の重要さ」
  第3回 「スモールステップのすすめ」
  第4回 「臨床家が事例報告,効果研究を行うために」
  第5回 「作業療法のエビデンス作りを目指して」
  第6回 「臨床家と大学教員の協業」
  第7回 「精神保健領域における作業療法の臨床研究課題」
  第8回 「文献レビューで研究疑問を絞り込む」
  第9回 「臨床研究で効果研究を行う重要性と課題」
  第10回 「質的研究を進めるポイント」
  第11回 「調査用紙を用いた調査研究」

 【特別教育講座】
  第1回 「研究を始めるための研究倫理」
  第2回 「倫理原則と発表倫理」

 【臨床研究講座】  わかりやすい論文を書くために -文献の読み方・使い方-
  第1回 「学会発表から論文へ」
  第2回 「問いを育てる」
  第3回 「症例研究論文の作成の仕方」
  第4回 「文献を読み解く」
  第5回 「巨人の肩の上に乗る」
  第6回 「日頃の作業療法実践を実験研究で検証してみる」
  第7回 「観察,記録,概念化のプロセス:Luriyaに学ぶ」
  第8回 「文献抄読は先人から託されたバトンを丁寧に紐解く作業」

 【特別講座】
 1. 2006 年から2015 年に掲載された論文の概要と学術誌『作業療法』の今後の展望
 2. 2006 年から2015 年の『作業療法』掲載論文の分析と考察 ─身体障害領域(脳血管疾患など)─
 3. 2006 年から2015 年の『作業療法』掲載論文の分析と考察 ─身体障害領域(運動器・内部疾患など)─
 4. 2006年から2015年の『作業療法』掲載論文の分析と考察 ─発達系障害領域―
 5. 2006年から2015年の『作業療法』掲載論文の分析と考察 ─精神障害領域―
 6. 2006年から2015年の『作業療法』掲載論文の分析と考察 ─老年期領域―
 7. 2006年から2015年の『作業療法』掲載論文の分析と考察 ─その他(基礎研究・理論,評価法・開発,教育,その他)―

 

 

<Asian Journal of Occupational Therapy>

 

ページトップへ

会員ポータルサイト

施設・養成校管理システム

会員証について

Search

カテゴリー

アーカイブ