学術・研究

一般事例の新規事例登録の受付停止について

事例報告登録

日本作業療法士協会  「事例報告登録制度」について

 一般社団法人日本作業療法士協会では,平成17年9月1日より「事例報告登録制度」を開始しました.本制度は次の3点を主な目的としています.

  1. 事例報告の作成によって会員の作業療法実践の質的向上を図る
  2. 事例報告の分析によって作業療法成果の根拠資料を作成する
  3. 事例報告の提示によって作業療法実践の成果を内外に示していく

 本制度への事例登録は,生涯教育制度の「認定作業療法士」申請の要件である「症例報告」を兼ねています.事例報告は,基礎コース・専門コースの受講有無にかかわらず,いつでも登録することができます.会員のみなさまには以下を参照のうえ,積極的な事例登録をお願いします.
※ただし,MTDLPの事例登録は,  MTDLP研修制度の実践者研修(事例検討会)の修了の要件に係わるため,MTDLP基礎研修修了が条件となります  

1.同意書について (平成27年7月30日以降使用)

2.手引きと操作マニュアルについて

 登録画面の操作を解説した「事例報告登録マニュアル」は事例報告登録システムのトップ画面よりダウンロードすることができます.

3.IDとパスワードについて

 事例登録時には会員管理システムと共通のID(会員番号)・パスワードが必要となります

 

事例報告登録への入り口

 一般事例の新規事例登録の受付停止について

一般事例の新規事例登録は,20219月末で終了しました.
システム上では新規事例の登録が可能な状態になっておりますが,期限を過ぎての登録は審査の対象外ですのでご注意ください.


審査終了の見通しについて】
8月から9月の間に新規で登録した事例報告の審査終了まで,1年以上かかる見通しです.
再審査になった場合は,さらにその期間が延びる場合があります.
同意書の不備や本文の書式に不備がある事例は,通常の審査実施の前に「不合格」で再登録をお願いする場合があります.
「不合格」となり事例を再登録する場合は,再提出可能な期限内(結果の返信から30日以内)に登録を完了してください.
30
日を過ぎて登録した場合には審査の対象外となりますのでご注意ください.
なお,審査は事例の受付順に行っております.特に再審査の場合には審査開始までに時間を要することがありますので,あらかじめご了承ください.

【メールの受信設定について】

事例報告登録システムから送っている自動送信メールが,メールサーバーなどの仕様により自動的に迷惑メールフォルダに分類されてしまい,報告者のメールの受信箱に届いていない場合があるようです.
各自でメールの受信設定で結果のお知らせメール(jireishinsa★jaot.or.jpから送信
)が受信できるように設定し,適宜迷惑メールフォルダの状況も確認してください.
(*設定時は,★の部分を@に変えてください)


【事例審査の流れについて】
事例の投稿フォームで入力が「完了」と表示されている場合は,事例の投稿が受け付けられていることを示しています.
「事例を受け付けました」などの完了メールはお送りしておりませんので,会員ポータルサイトから「完了」の表示の確認をお願いします.
(この件に関する問い合わせが非常に増えておりますため,ご協力をお願いいたします)

入力「完了」が表示されたのち,以下のように管理室で審査を進めていくこととなっております.

①受付事例の入力漏れや同意書のチェック

②複数の審査員への審査同意の意思確認(再登録事例の場合は前回の審査を行った審査員への意思確認)

③審査依頼

④審査

⑤管理室での最終確認

⑥結果のお知らせ

*再登録事例の場合は②の( )内を参照

審査が開始されると「
審査中」と表示が変わりますので,会員ポータルサイトから確認してください.
通常時期(これまで)の場合,審査開始から結果のお知らせまでに2
3か月程度かかっていました.
システムの老朽化により全て手作業での管理をしているため,審査開始までの流れ①②にも非常に時間を要しています.
そういった事情や事務作業量の観点から,個別に審査結果の返却の目安についてお伝えすることは難しい状況です.
(この件に関する問い合わせが非常に増えておりますが,ご理解
とご協力をお願いいたします)

また,
「認定作業療法士」の更新期限までに要件が間に合わない可能性
がありますので,
認定作業療法士の新規申請の際の「事例報告」や更新の際の「実践報告」については,他の読み替え要件での申請をご検討ください.
認定作業療法士に関することは,認定作業療法士制度について  
を熟読してください.

【一般事例の新規事例登録について】
一般事例報告の新規事例の受付は,9月末で停止いたします.
同時アクセス数が増えると,ログインに制限が発生したり,事例報告システムの反応が遅くなったり(保存に時間がかかる),サーバーがダウンする可能性があります.
2021925日~930日は,アクセスが集中する場合があります.新規事例登録を予定されている方は,期限に余裕を持って事例報告の入力を行ってください.
【一般事例の再審査事例登録について】
9月末までは通常の再審査を行います.再審査の場合は同じ審査員に依頼をする都合上,審査開始までに時間を要します.
2021101日以降は,審査終了日が2021831日以前の事例報告についての再報告はできませんので,再報告を予定している方は,20219月末までに再報告をお願いいたします.
*審査終了日とは事例報告登録システムから送られるメールの件名に記載されている日付です.(件名に【残念ながら不合格となりました】 事例番号:○○○ 日付 と記載しております.)
2021
101日以降は,審査終了後30日以内に再登録された事例については審査を行います.
*間違いのないよう登録をお願いいたします.

【メールの受信設定について】
報告者宛の事例報告登録システムからの自動メールが,メールサーバーなどの仕様により自動的に迷惑メールフォルダに分類されてメールの受信箱に届いていない場合があります.ご自身で適宜迷惑メールフォルダの状況もご確認ください.
【事例審査状況のお問い合わせについて】
現在,一般事例の新規事例報告と再登録の登録数が増えており,事例報告の入力完了から審査終了まで半年以上かかる場合があります.新規事例報告の入力完了から半年以上経過し,事例報告登録システムからの審査結果のメールが届いていない場合,事例報告登録制度管理室までお問い合わせください.
お問い合わせの際,件名や氏名などが記載されていないメールが数多くあります.件名に要件を記述して頂き,事例報告登録システムに登録してあるメールアドレスから,氏名,日本作業療法士協会会員番号,事例番号を忘れずにご記入ください.
*事例報告登録制度に関するお問い合わせは jireitourokujaot.or.jp までお願いいたします。(★を@に置き換えて送信してください)

 

養成校における事例登録データベースの活用について

事例報告リストはこちら

本文の入力可能文字数を変更しました. 本文全体で800文字入力可能な文字数が増えています.

一般事例報告の新規事例については,文字数変更前の入力文字数を入力の目安としています.
MTDLP事例報告の新規事例については,文字数変更後の入力文字数を入力の目安としています.

 

             現状の説明とご理解へのお願い

          MTDLP事例報告登録の審査期間について

 こちらは日本作業療法士会学術部事例報告登録制度管理室です。
 日頃はMTDLP事例報告登録制度に関心をお持ちいただきありがとうございます。
 このたび、事例報告登録制度の運営にあたって、審査期間等に以下の事態が発生しておりますので、現状のご説明をさせていただきます。
 現在、事例報告登録制度にご登録いただきました事例のお伝えした審査期間よりも、遅延しております。これは、事例報告数の増加とともに集中していること、それに伴い審査委員の絶対数が不足していることに加え、ある一定の審査委員に業務が集中していることが原因となっております。審査業務の改善、審査委員の増員といった改善に努めているところではありますが、皆様の目に映る改善に至っておりません。
 会員諸氏の日々の成果である事例報告をお預かりした重責を果たすべく、今後も善処いたします。
 上述の状態にご理解を賜り、今後も事例報告登録制度にご協力を賜りますよう、お願い申し上げます。

生活行為向上マネジメント事例報告についての特設ページを作成しました。
生活行為向上マネジメント事例報告についての最新情報を掲載してあります。
リンクはこちら  生活行為向上マネジメント事例報告特設ページ

・再報告事例の場合、審査に時間がかかる場合があります。何卒ご了承いただきますようお願い申し上げます。

 

問い合わせ先
 事例報告登録システムにログインし,「Q&A」のページにお進みください.問い合わせ専用のメールアドレスがリンクされています.そちらよりご質問やご意見をお寄せください.