研修会

(開催中止)研究法③

研修分類 認定作業療法士取得研修 共通 研究法
講座名 (開催中止)研究法③
概要および目的 1)作業療法における科学的は研究法の習得は必須であるとし、基本的な研究法について学ぶ。
2)作業療法の発展に重要な事例研究、研究デザインの考え方や基本統計手法について理解する。
3)研究計画書作成を通して研究を進める要領を習得する。
対象者(応募資格) 日本作業療法士協会正会員かつ生涯教育制度基礎研修(旧,基礎コース)修了者
※大学院修了者は免除
日程 2020年07月11日(土) 10:00~18:30 受付時間9:30~
2020年07月12日(日) 9:00~16:00
場所 調整中
参加費 ¥8,000
講師 小林 法一(首都大学東京:認定作業療法士)
本家 寿洋(北海道医療大学:認定作業療法士)
籔脇 健司(吉備国際大学:認定作業療法士)
徳地 亮 (岡山医療技術専門学校:認定作業療法士)
その他、認定作業療法士
プログラム(予定)※プログラム変更の場合がありますのであらかじめご了承ください。 <1日目>
09:30~10:00 受付
10:00~12:30 講義①
12:30~13:30 昼休み
13:30~14:00 演習①
14:10~15:40 講義②
15:50~18:30 演習②

<2日目>
09:00~10:00 講義③
10:30~12:00 演習③
12:00~13:00 昼休み
13:00~15:00 演習③の続き
15:00~15:30 試験
15:30~16:00 修了式
備考 ◆演習にて模擬的に「研究計画書作成」を行います。詳しくは受講決定後の、受講通知書をご確認ください。必要に応じて各自興味あるテーマや文献コピーの準備をお願いすることになります。
◆大学院の修士課程以上を修めている会員は、この「研究法」の受講が免除されます。
◆(一社)日本作業療法士協会発行の作業療法マニュアル68「作業療法研究法マニュアル 改訂第3版」をご持参ください。このマニュアルを基本テキストとして講義が行われます。

お申込みは会員ポータルサイトから

戻る