研修会

(開催中止)教員・実習指導者のためのMTDLPを活用した作業療法教育法(2020)

研修分類 重点 MTDLP委員会 教育法
講座名 (開催中止)教員・実習指導者のためのMTDLPを活用した作業療法教育法(2020)
概要および目的 □講義概要:
 本講座では、生活行為に焦点を当てた作業療法に対する教育ツールとしてのMTDLPを、学内教育、臨床実習で活用する方法を、講義、実践取り組み報告、ワークショップを通して学びます。MTDLPを活用したクリニカル・クラークシップに基づく臨床実習=作業療法参加型実習に関する研修です。臨床実習指導者講習会修了者の方が、より教育力を高めるために受講されるにも大変有用です。
1)生活行為に焦点を当てた作業療法に対する教育ツールとしてのMTDLP
2)学内教育のポイント
 ・どのように考え方を身につけさせるか
 ・事例を通じた解説の仕方
 ・授業で演習を行う際のポイント
3)臨床実習での活用
4)症例報告様式の検討
5)発表とまとめ
対象者(応募資格) 日本作業療法士協会正会員。教員、臨床実習指導者(予定も含む)、臨床実習指導者講習会修了者、等
日程 2020年08月23日(日) 9:30~17:00 受付時間9:00~

場所 調整中
参加費 ¥4,000
講師 徳地亮(岡山医療技術専門学校)、田中浩二(群馬大学)、馬場孝(YMCA米子医療福祉専門学校)、水島眞由美(横浜リハビリテーション専門学校)、小林幸治(目白大学)、ほか
プログラム(予定)※プログラム変更の場合がありますのであらかじめご了承ください。 9:00 受付
1)生活行為に焦点を当てた作業療法に対する教育ツールとしてのMTDLP
2)学内教育のポイント(講義とグループワーク)
3)実践取り組み報告:臨床実習での活用
4)ワークショップ:症例報告様式の検討
5) 発表とまとめ
備考 *最新情報は随時更新致します。変更等もございますのでお申込みの前にご確認ください。

お申込みは会員ポータルサイトから

戻る