研修会

「精神障害にも対応した地域包括ケアシステムの構築」に向けた作業療法研修会

研修分類 重点 教育部
講座名 「精神障害にも対応した地域包括ケアシステムの構築」に向けた作業療法研修会
概要および目的 □講義概要: 本研修では,厚労省の推進する「精神科にも対応した地域包括ケアシステム」の趣旨を理解し,それに沿った作業療法の役割を紹介し,貢献できる人材の育成につなげていくために以下の3点を主な目的とする。
1)急性期からの地域移行支援における作業療法の理解(治療とマネジメントのバランス)
2)地域定着支援に対する作業療法の整備(再入院の防止や入院予防のための作業療法)
3)国のアドバイザー組織である広域アドバイザーや地域アドバイザーの活動について
対象者(応募資格) 日本作業療法士協会正会員
日程 2020年12月調整中
場所 調整中
参加費 ¥8,000
講師 □講 師(予定)
名雪和美先生(厚生労働省)
岩上洋一先生(PSW,特定非営利活動法人 じりつ)
菊入恵一先生(田宮病院こころのリハビリセンター)
岡庭隆門先生(静岡県立こころの医療センター)
遠藤真史先生(地域生活支援センター ゆづり葉) 
プログラム(予定)※プログラム変更の場合がありますのであらかじめご了承ください。 1日目 
12:30 受付
13:00~14:00 「精神科にも対応した地域包括ケアシステムの構築について」
14:10~15:10 「地域移行支援,地域定着支援の現状とこれから」
15:20~16:20 「精神科にも対応した地域包括ケアシステムの構築のための作業療法のあり方」
16:30~17:30 「精神科にも対応した地域包括ケアシステムの構築に向けた作業療法の最新の知
        見」
17:30~18:00  質疑応答

2日目
9:30~12:00 話題提供(50分×3名)
       ①地域移行支援実践例
       ②地域定着支援実践例
       ③他職種連携実践例,院内の意識改革のための実践例
13:00~15:30 ワークショップ
       「明日からの実践に向けたロードマップ作成」
15:30~16:00 質疑応答および全体総括

16:00 終了
備考 □備 考:
*最新情報は随時更新致します。変更等もございますのでお申込みの前にご確認ください。

お申込みは会員ポータルサイトから

戻る