研修会

作業療法士による障がいのある人のスポーツ参加支援(仮)

研修分類 重点 教育部
講座名 作業療法士による障がいのある人のスポーツ参加支援(仮)
概要および目的 障害者スポーツと一口に言っても、障害のある人とスポーツとの距離感は実に多様である。パラリンピックに代表される競技スポーツとしての関わり方はもちろん、レクリエーションとして、体力維持・向上のために、そして観戦やコレクターなど趣味としての関わりまで。作業療法士としては、作業としてスポーツを捉えることで、日常生活の中のスポーツとの多様な接点を見つけることができ、対象者のQOLに寄与できるのではないかと考えている。そのために、作業療法士自身がスポーツや、障害者スポーツを知る機会が重要になる。スポーツの幅広さ、関わりの多様さを知ること、そして実践を知ることを目的として、今回の研修を企画した。一人一人の作業療法士が、自らのフィールドや地域において、スポーツとの距離感を確認し、実践の中で取り組むきっかけの一つとなることを期待する。
対象者(応募資格) 日本作業療法士協会正会員
日程 2021年07月04日(日) 13:00~16:30(受付12:30~)
調整中
場所


WEB開催
参加費 ¥2,000
講師 酒井 康年 (うめだ・あけぼの学園)
小黒 修 (アネックス湊川ホスピタル)
織田 靖史 (県立広島大学)
田中 栄一 (北海道医療センター)
角田 槙司 (訪問看護ステーション とびら)
プログラム(予定)※プログラム変更の場合がありますのであらかじめご了承ください。 (予定)
1. 障害者スポーツの多様性
2. 障害のある人のスポーツ参加支援推進委員会の活動
3. 障害者スポーツ団体への参画と連携
4. 実践報告(競技スポーツ、レクリエーション、eスポーツ、ダンスバトルなど)
5. 質疑応答、意見交換

備考 *最新情報は随時更新致します。変更等もございますのでお申込みの前にご確認ください。

お申込みは会員ポータルサイトから

戻る